リテールイノベーションカンファレンス リテールイノベーションカンファレンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般小売店舗におけるiBeaconの実用性を例に「リアルタイムサービス」の現状を探る

最近では買い物客の店内行動傾向を把握し効果的にフロア内を誘導するビーコン・テクノロジーやヒートマップ、さらには

インフォメーション・キオスクなどが小売の未来形として注目を浴びてきています。実際に、Lord and Taylorといったところに代表される有名ブランドはすでにこれらのテクノロジーを採用することで、実店舗でのオリジナルサービス提供や個別マーケティングメッセージの配信、さらにセールス効果を最大限に引き出すフロア・ディスプレイのデザインなどに活用しています。

このような最新テクノロジーは確実に小売業の形態を変えるものとなり、小売業者側としてもその事は十分理解しているように見受けられます。事実、Business Insiderの最新レポートによると、ビーコン・テクノロジーはこの先5年間で毎年287%の成長率が予想されています。しかし、ここで問題となるのはこれらのテクノロジーは「全て」の小売販売に対応し得るのか、もしくは大規模店舗のみに限られるのかという点です。

基本的には、こういったテクノロジーが実際にビジネスに効果的な影響をもたらすことが出来るかどうかは、実際に利用することでオンライン部門でのオペレーションがリアルタイムで管理され、かつシステム全体をしっかり統一化することにつながるのかどうかに左右されてきます。例えば、割引対象商品が品切れとなった際には、即座に該当ページから「割引」の文字を削除するといった素早い処理が求められるのです。

これが速やかに実行されないと、かえってビジネスにとってサービスと言う点で逆効果になりかねません。

小規模の小売業者にとって最大のライバルであるAmazonは、すでに低価格での商品提供というだけでなく、販促活動全般において積極的な動きを見せており、競合は激しくなる一方です。こういった現状にもかかわらず、小売業者の中にはいまだに昔ながらのレジを使用していたり、棚から商品が無くなったらその都度補充リストを作成して対応しているところもありますが、ビーコン・テクノロジーを活用することでこういった点はもちろん、まだ表面化していない問題点さえも洗い出して解決することが可能となるのです。

アメリカのシリコンバレー地域や各主要都市ではiPadを用いた会計システムやEメールでレシートを送付したりという最新のスタイルが多く見られるようになってきていますが、一般の小売業者全体レベルではまだ顧客情報をその都度入力しなくてはならなかったり、在庫のアップデートをリアルタイムで実施できていなかったりという問題点があるのも事実です。

このように、デジタル化された複数の販売チャネル統括管理が業界のスタンダードとなるにはまだ至っておらず、最新のテクノロジーを効果的に利用するに当たってはマネジメントシステムの大がかりな再構築も必要となってきます。従って、小規模の小売業者にとってはいくら販促効果が期待できると言っても、これは時間と費用という面で現実的なオプションにはなり得ないのです。

そこで、このような最新テクノロジーに対する現場の生の声を聞くべく、小売業者650社に調査を実施したところ、テクノロジー関連にかける費用の平均は月200ドル以下であるという結果が得られました。また、その用途としては作業効率向上やすぐに効果が得られるシステムへの投資というものが大半で、最新のテクロノジーまではとても気が回らないというのが本音のようです。

確かにNordstromなどの一部大手ブランドは店舗内での買い物客の動きを分析するシステムなどを採用するなど、最新テクノロジーを積極的に販促戦略に取り入れていますが、多くの一般小売業者にとっては目の前の基本的な課題を解決するためのテクノロジーが最も大切なものと言えるのです。それでも、今回調査対象となった小売業者のうち79-89%は、この先数年以内での店内対応型最新テクノロジーの採用は考えていないものの、将来的には興味があると答えています。

そこで今回の調査結果を基に、近い将来「主要小売業者」の多くが取り入れる可能性が高いと思われるシステムをいくつか見ていきたいと思います。

店内モバイルデバイス

2014年末までには、店内においてタブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスを活用したサービスを展開する小売業者の割合が従来の2倍になると予想されています。 また、すでに会計システムや在庫管理などにモバイルデバイスを使用している企業のうち80%が、結果として売上アップにつながっていると答えています。

予測解析

小売業者のうち44%が、適正量を保った在庫管理の実現が他の何にも増して最も難しいと答えています。また調査対象となった小売業者の23%が、現在予測解析システムを使う事でより効率的な在庫の仕入れや販売戦略の立案に役立っているとしており、そのうち96%が結果として売上アップに結び付いていると答えています。さらに、48%は近い将来にはこの予測解析システムを取り入れる予定であるとしており、その際にはシステムを実際に利用する企業の割合は現在の108%増という形になります。

オンラインへの移行

Eコマースは、この先も顧客と深い繋がりを持つうえで貴重なチャネルとして小売業者の生命線となっていくことが予想されます。現在オンラインショップを実際に運営している業者は全体の半数以下の38%ですが、そのうちの多くがこの先Eコマースへの積極的な投資を計画しています。

今回の調べでは、Eコマースチャネルを持たない企業のうち38%が、今年末まで、もしくは近い将来にEコマースサイトをオープンさせる予定であるとしています(現在より100%増)。また、すでにオンラインショップを運営している企業ではその影響力の大きさは誰もが認めるところで、この先もより機能的なサイトにするための投資を行っていくという方向性が見られ、事実、58%の小売業者は向こう12か月間以内でのオンラインショップ予算増大を予定しています。

「リアルタイムサービス」の実現において、テクノロジーの果たす役割は非常に大きくなっています。消費者にとってみれば、例えば掃除のプロを呼んで家を片付けてもらうにしてもクリック一つで済ませられますし、Amazonなどは超小型無人飛行機で購入商品を自宅まで配送してくれる時代です。またビーコン・テクノロジーをはじめとするモバイルテクノロジーはオンラインと実店舗の垣根を取り払い、より消費者とつながりを深めるためには欠かせないツールとして活躍しており、未来型ショップ実現のカギを握るオドロキの最新テクノロジーも数々生み出されてきています。しかし、繰り返しますがこれらは一部大手では採用されているものの、小売店舗全般で目にすることが出来るようになるまでにはまだまだ多くの課題を解決していく必要があると言えそうです。

この記事はIt May Be the ‘Now’ Economy, But Is Main Street Retail Ready for iBeacon?を海外小売最前線が日本向けに編集したものです。

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
インバウンド対策、事例、ノウハウから、訪日外国人のデータまでの最新のお役立ち情報配信メディア「インバウンドNOW」
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る