• このエントリーをはてなブックマークに追加

A/Bテストを効果的に活用するためのコツは問題解決の意識

webサイト作りで気になるのは、やはり常に良い結果を出せるかどうか。時と場合にもよりますが、安定した結果を出すための工夫や改善は常に意識したいものです。

そんなサイト作りの中で積極的に導入していきたいのがA/Bテストですが、いくら効果的と言われる分析方法でも正しく使わなければ求めている効果は得られません

今回はA/Bテストの基本的な使い方と、A/Bテストを用いる上で心がけておきたい点を以下のポイントに沿ってご紹介します。

・シンプルで効果的な改善方法のA/Bテスト
・コストもかからずピンポイントな改善ができる
・シンプルなぶん、実施者の主体性が問われる側面も

A/Bテストとは

A/Bテストを使ったことがないという方に向けてまずはこのテストについて簡単にご紹介します。

二者択一でコンテンツ価値を高めるシンプルな手段

A/Bテストはその名前の通り、AとBの二者択一方法でより優れたパフォーマンスを発揮するものを検証するテストです。

例えばwebサイトのとあるページでAというデザインのものとBというデザインのもののどちらがより成果をあげるのかを調べたい時、一定期間の間AとBの両方のページを公開し、より高い成果を出したデザインのページを採用するといった具合です。

A/Bテストは特にこれといった特殊なスキルも必要のない分析方法ですので、誰でも簡単にコンテンツの改善に取り組めるのが大きなポイントです。

サイト改善や効果的なコンテンツ作りと言えばなんだか難しそうに聞こえてしまいますが、A/Bテストは良いと思うものを二つに絞ってユーザーに直接確かめてもらう、実にシンプルな検証方法なのです。

様々なジャンルで活用可能

A/Bテストはシンプルな検証方法だけあって、様々な場面で活用可能です。webページのデザインや商品の写真、コピーライティング、商品の価格、メルマガのコンバージョン率など、二者択一で最適解を見つけられる問題は多く存在しています。

A/Bテストを行う習慣をつけておけば、その都度問題をマクロに捉えることができ、効果的な改善方法の発見にも繋がることでしょう。

A/Bテストのメリット

一番のメリットは金銭コストがかからないこと

A/Bテストを行う大きなメリットは、やはり金銭的なコストが少なくすむ点です。
webサイトの全面改装やシステムの再構築となると時間もお金もかかってしまうため、いつでもできるというわけではありません。
加えて大幅な改編を加えたところで期待していた通りの成果をあげられるとも限らず、そのリスクを考慮することも求められてしまいます。

一方A/Bテストはピンポイントに問題を設定し、その箇所のみの改修を積み重ねていくことができるため、時間と金銭の両方を抑えて効率的な改善が可能になります。

テスト実施もお手軽に

A/Bテストは無料で使える専用ツールも多く存在しているため、テストしてみたいと思ったらすぐに検証できる手軽さも魅力的です。

有名どころのツールとしてはGoogleアナリティクスにもwebサイトのA/Bテスト機能が備わっており、かつ無料で利用することができるため、初めてA/Bテストを取り入れてみるという方には最適のツールです。

多少コストがかかっても良いという場合は、様々な会社から有料で配信されているツールを利用してみるのも良いでしょう。
ツールによっては無料トライアルを行なってくれているところもあるため、まずはお試しでいくつか触ってみるのも良いでしょう。

効果的にA/Bテストを行うためには

A/Bテストは使い勝手やコストパフォーマンスもよく、確実に改善へと繋げてくれる便利な検証方法ではありますが、求めている結果を得られるかどうかはテストの実施者によって大きく左右される点も覚えておく必要があります。

言い換えると、実施者が正しくテストと向き合わなければ、A/Bテストから期待していた通りの結果を得られないこともあるということです。

漠然と良い結果を求めるのは控えるべき

A/Bテストはシンプルなテストだけあって、その効果は実施者による比重がかなり大きいと考えておくべきでしょう。A/Bテストツールを導入すれば自然にwebサイトが改善されるという都合のいいものではなく、このテストはあくまでも問題解決を手助けする手段に過ぎないのです。

そのためまずは漠然と良い結果を求めるのはやめて、自社コンテンツの何が問題なのかを問い直す必要があります。

問題発見と解決策を導き出すために

前述のように、A/Bテストはコンテンツを分解し、それぞれのパーツに焦点を絞って改善を積み重ねていくためのツールです。
コンバージョン率に伸び悩んでいるのなら、一体何が足を引っ張ってしまっているのかという問題発見、そして考えられる解決策は何かをしっかりと分析することが重要です。

問題発見・分析は最初は手間取ってしまうかもしれませんが、思いついたことを紙に書き出してみたり、なぜコンバージョン率が下がっているのかを時期や商品、その他思い当たる変化から色々と模索してみることで見つかりやすくなります。

問題発見と分析に関わるライフハック記事は様々なメディアで見つけることができるので、そういった記事を参考にしながらテストに向けて準備をしてみるのもオススメです。

仮説を立ててから解決のビジョンを設定する

加えてA/Bテストは実施者の仮説設定も求められます。問題発見・問題分析が済んだ後は、問題解決を実施していかなければいけませんが、解決策の提案は実施者の創造力が試される場です。
問題を分析して得られた事実を元にして、解決のビジョンを設定しておきましょう。そしてA/Bテストはこの段階で初めて活用することができるようになります。

自分の設定した仮説のうち、どちらが解決策として適切なのか。それを調べる方法として有効なのがA/Bテストです。

改善を積み重ねるスピードにも意識を向ける

A/Bテストは一回や二回行うだけでは正確な結果を得ることができません。一つの問題に対し、できる限り何度もテストを行うことで、より効果的な成果を得ることができます。

テストを一度行ってみることで、新しいデータを得ることができます。テストで得られたデータを元にしながら、また新しい仮説を立て、再びA/Bテストを行う。これを繰り返していくうちに、いずれは大きな結果につながっていくのです。

重要なのはPDCAサイクルのスピード

A/Bテストを行う上で大事なのは、PDCAのサイクルをできる限り速くすることです。
PDCAはPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)の頭文字をとったビジネス用語ですが、A/Bテストの実施はまさにこのPDCAが当てはまる、最たる例といえるでしょう。

ただ一つ注意しておきたいのは、A/Bテストのサイクルを速くしたいからといって、一つのテストに複数の修正箇所を詰めこまないようにしておくことです。
問題分析を行うと修正すべき箇所がいくつも見つかることは珍しくありませんが、A/Bテストは一回の実施につき一つの修正点でなければ正しい検証結果を得ることができません。

AとBの二択で実施するテストですので、その中に複数の仮説を盛り込んでしまうと、結果にどの仮説の有用性が現れているのかがわからなくなってしまうためです。

そこで大事になるのがPDCAのサイクルです。一つの検証が終わったら次の検証、それが終わったらもう一つと、一つ一つの検証スピードを高めていくことが、A/Bテストを用いたコンテンツ改善には不可欠です。

スピードを意識する上でもう一つ気をつけておきたいのが、検証結果に信ぴょう性を持たせるためにもある程度は一つ一つのA/Bテストに時間をかけることです。急いては事を仕損ずるとは言いますが、これはA/Bテストにも当てはまります。

時間をかけるところはかけて、かけなくて良いところは素早く。これが効果的なA/Bテストを実施する上で必要な心がけなのです。

PR:ECサイト構築パッケージ「Orange EC」ではお客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

>>お問合せはこちらから

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る