貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。 貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(前編)メーカー系ECサイトの戦略設計 ~ブランディングコマース

メーカー系ECサイトの戦略設計 ~ブランディングコマース

ECサイトには、zozotownなどのように、仕入れ商品を販売する「リテーラー(小売業)系サイト」と、
ユニクロなど、自社商品を販売する「メーカー系ECサイト」があります。

今日は「メーカー系ECサイト」についてのお話です。

メーカー系ECサイトの戦略設計 ~ブランディングコマース

以前は、メーカー企業の多くがWeb上に自社商品を販売する場を持っていませんでした。
直営店を運営していたり、カタログ通販を行っていたりしていても、
Webの方ではコーポレートサイト(企業情報紹介)だけ、という企業が多かったのです。

ですが、近年のインターネットの普及に伴い、ECサイト利用者が増えるにつれ、
Webを販売のチャネルとして活用するメーカー企業が増えてきています。

このようなメーカー系ECは、リテーラー(小売業)系サイトとどう違うのでしょうか?
メーカーにおけるECサイトのあり方についてご紹介したいと思います。

メーカー系ECサイト(ブランディングコマース)の特徴

ブランディング ~メディアとしてのECサイト

一番の違いは、Webサイトをメディアとして活用するブランディングコマースという点です。

当然ですが、リテーラー系ECサイトの目的は収益を上げることです。
販売の機能を整え、動線設計や回遊性をチューニングし、
ブランドに関わらず、時にはセールを打つなどして単価upを狙います。
このように、ECサイトは「売り場」として最適化することができます。

一方、メーカー系ECサイトでは販売の機能だけではなく
広報・宣伝的な機能、いわゆる「ブランディング」のという役割をも担っています。

販売すること・収益を上げることだけに特化するのではなく、
商品・メーカー自体のイメージに忠実であり、良さを伝え、広げていくというメディアとして、
ブランディングに貢献するECサイトである必要があります。

ちょっと長くなりそうなので、、、後編はこちら!
(後編)メーカー系ECサイトの戦略設計 ~ブランディングコマース

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る