• このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーシャルコマース・ソーシャルメディア運用に便利なTwitterツールまとめ

前回のソーシャルメディア活用の記事に続き、今回もソーシャルを取り上げてみたいと思います。

みなさん、TwitterやFacebookを運用するときに、重宝しているツールがあるかと思います。見やすい見づらい、使いやすい、わかりにくいなど感想はそれぞれかもしれませんが、、今回はまとめてちょっとご紹介します。

HootSuite(フートスイート)

http://jp.hootsuite.com/

有名なTwitterクライアントで、無料版と有料版があります。1画面で、Home、Mention、DM、自分のつぶやきが全て確認できるのでわかりやすく、マルチアカウントにも対応しているので、複数のアカウントを運用する際にも重宝します。かなり高機能で、ツイートタイマー、効果測定(レポート)機能までついています。多機能すぎて戸惑ってしまう方もいるかもしれません...
有料のPro版では、チームメンバーで運用することが可能な他、登録アカウント数無制限、Google Analytics機能などがあるようです。

TweetDeck

http://www.tweetdeck.com/

Adobe Airを利用した独自のブラウザを利用しますが、こちらもHootSuite同様、マルチアカウント対応。1画面で多くの情報が整理して見やすいです。HootSuiteとかなり似ている部分もありますが、比べてみて好みの方を選ぶと良いと思います。
自社商品に関するつぶやきやメンションを見逃さないように、このような一覧性の高いTwitterクライアントをメインで使うと良さそうです。

bit.ly

https://bitly.com/
短縮URLでおなじみのbit.lyですが、アカウント登録して使用すると発行した短縮URLについて分析できるという便利な機能があります。クリック数はもちろんのこと、クリックされた時間帯、どこからクリックされたか(twitterのつぶやきかブログか、など)がわかります。
またTwitter連携も可能で、ブックマークレットからその場で短縮URL発行、つぶやき投稿が可能です。特設セール情報のURLなどを計測してみるのも良いと思います。

Twilog(ついろぐ)

http://twilog.org/
過去のツイートを日付ごとにまとめてブログのように記録・保存することが可能です。「@」付きで返信を送った相手やハッシュタグ(#)なども自動で分類できるので、お客様との過去のやりとりも遡って探すことができます。
また、ツイート数、フォロワー数の推移など数値とグラフで確認できる、という機能もソーシャルメディア運用には重宝しそうです。

Twit Delay

http://twitdelay.appspot.com/
ツイートのタイマー設定専用のサービス。指定した日時につぶやく、または○分後につぶやく、というつぶやき予約が可能になります。シンプルなので迷う部分も少なく、気軽に使えそうです。新ブランドのショップオープンのお知らせやタイムセールの開始・終了など、あらかじめ決まったつぶやきをする場合に重宝しますね。

TwiTraq(ツイトラック)

http://twitraq.userlocal.jp/
つぶやきに対するお客様の反応(RTなど)を自動で収集することができます。キーワード解析、コミュニケーション・ログ、アカウント解析の3つの機能があり、発言回数はもちろん発言したお客様の都道府県分布やTwitterでの人気度なども集計できる高機能解析ツール。

Twport(ツイポート)

http://twport.com/
ツイートの検索結果をHTMLコードで取得できます。アカウント登録・ログイン不要ですぐ使え、シンプルでわかりやすいです。こちらも自社ブランド名・商品名で検索などして、ツイートを抽出するのに手軽で簡単だと思います。

-----

ちょっと探しただけでも、便利なツールがたくさんあります。しかもほとんどが無料で使えて、無料とは思えないくらいの高機能だったりします。ソーシャルコマース・ソーシャルメディア運用は、つぶやきや分析など日々の作業はあくまで手段です。

こうした作業はツールを活用して効率よく行い、目的に向かって活用方法の模索したり、成果を出すことを目指して運用して頂ければと思います。

▽ソーシャルコマースのご提案も!ECサイト構築「Orange EC」
https://ec-orange.jp/

関連記事

アーカイブ

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

ページ上部へ戻る