リテールイノベーションカンファレンス リテールイノベーションカンファレンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オムニ7でVRコマース体験してみた!『VALENTINE PARADISE VR』でバレンタインチョコを買う方法

2018年が明け、2月が近づいてくると気になるのがバレンタインイベント。
バレンタインが近づくと、スーパーやコンビニなどでバレンタインコーナーが作られ、百貨店では大規模な催事も行われます。
今回は、バレンタインイベントとオンラインショップに注目してみました。

目次

  • バレンタインデーについて
  • 百貨店などの催事取り組み事例
  • オムニ7の『VALENTINE PARADISE VR』でVRコマースを体験してみた

バレンタインデーとは

日本でのバレンタインデーといえば、百貨店や菓子メーカーが販売促進のためにPRを行い、日本に少しずつ定着したもので、海外で行われているバレンタインの風習とはその意義などは異なっています。

チョコレート支出額の推移

百貨店や菓子メーカーなどがPRを行い、バレンタインデーが毎年のイベントとして定着してくると一世帯当たりのチョコレートの支出額が増加してきました。

チョコレートへの支出 - 総務省統計局

一世帯あたりのチョコレートの支出金額を、価格の変動分を除き、昭和45年を基準としてみると、45年から61年は、ほぼ横ばいで推移しています。その後、平成12年に支出金額が1.8倍となり、19年は3.8倍まで急激に上昇しましたが、平成22年は3.3倍と低下しています(図1)。
出典:総務省統計局

引用した資料は平成22年の調査結果のため少し古いですが、支出額が一旦下がっていることから、各小売店やメーカー、製菓業界では様々な取り組みを行っているようです。

その結果、チョコを添えて愛を伝える恋人たちのイベントというだけでなく、職場の上司や同僚への「義理チョコ」、最近では友人同士で贈りあう「友チョコ」が増えるなど、コミュニケーションを活発化させる日として変化してきました。
また自分に向けてのご褒美としてとっておきのチョコレートを購入する人も増えてきているようです。

百貨店などの催事取り組み事例

百貨店のバレンタイン催事は、入場規制が行われるなど大人気となっています。
バレンタインの時期だけに販売される限定チョコレートは、デザインやフレーバーが凝っていてパッケージも美しく、見ているだけでわくわくするものです。

しかし、催事場は非常に混雑し、ゆっくりとショーケースを見て回ることもなかなか難しいようです。
また、国内外の有名なショコラティエが作る限定チョコレートは入手困難なものもあり、事前予約だけで完売となるケースもあります。

そこで、オンラインショップを併設しているイベントも増えてきました。

タカシマヤ アムール・デュ・ショコラ

全国の高島屋でも開催されているイベントで、各店ごとに独自企画も行われています。
ECサイトではリアルタイムランキングや種類別のランキングが表示されており、ランキング上位の商品では売り切れも出ています。

http://www.takashimaya.co.jp/shopping/gift/valentinesday/

サロン・デュ・ショコラ

三越伊勢丹グループが開催しているイベントです。入場規制が行われるほどの人気催事で、2018年はチケット制となりました。

http://www.salon-du-chocolat.jp/

イトーヨーカドー

イトーヨーカドーでは、1/21までの早期購入特典でnanacoポイントが5倍というサービスがあります。

https://iyec.omni7.jp/fair/F04VD7000

こうしたオンラインショップでの購入は、いつでもどこでも、混雑に関係なくスムーズに行えることが利点ですが、やはり店舗に行った時の「ワクワク」した感じは薄くなりがちです。
特にバレンタインはパッケージも含めてじっくり見て決めたいものですね。
そんなニーズに応えるオンラインショップが、オムニ7の『VALENTINE PARADISE VR』です。

オムニ7がVRを活用した“新感覚”のバレンタインショップを期間限定オープン

2018年1月10日、新しいバレンタインショップがオムニ7にオープンしました。
それが『VALENTINE PARADISE VR』です。
Orange ECのVRコマース機能を活用した、新感覚のバレンタインショップです。

株式会社セブン&アイ・ホールディングスと、株式会社エスキュービズムは、セブン&アイグループのネットショッピングサイト「オムニ7」に、新しくVR技術を活用した “新感覚”のバレンタインショップ『VALENTINE PARADISE VR』(http://vr.omni7.jp/)を1月10日(水)10時~2月6日(火)23時59分まで期間限定で開設いたします。

◆プレスリリース http://s-cubism.jp/pressinfo/press/20180110_01.html

まるで本物の店舗でお買物をしているようなリアルで臨場感のあるお買物体験を楽しめ、VRゴーグル等の特別な機器を使用することなく、スマートフォンやパソコン等の一般的な環境で利用できるのが特徴です。

オムニ7の『VALENTINE PARADISE VR』でVRコマースを体験してみた

どんな風に買い物ができるのか?
さっそくVRコマースを体験してみました!

1:パソコンやスマートフォンでショップにアクセス

http://vr.omni7.jp/ にアクセスします。

デコレーションされた通路を通り抜けると、そこにはチョコレートが並んだ売り場が現れます。

2:矢印をクリックすると、ポイントが移動します。

混雑に巻き込まれることなく、チョコレート売場を歩く感覚で見て回ることができます。

3:気になる商品をクリック

インスタ映えしそうな、動物のチョコレートを見つけました。〇の部分をクリックすると、商品詳細が表示されます。

4:オムニ7で購入する

ログインしていない場合は、ログイン画面が表示され、注文手続きに進みます。

5:お届け先を選択する

オムニ7では、店舗受取か宅配便かを選択することができます。
店舗受取を選択した場合は、受け取り可能な店舗を選ぶことができます。

今回は、会社の近くの店舗で受け取ることにしました。

東京都の地図を表示し…

港区で受け取り可能な店舗の中から、会社の近くの店舗を選択します。

これで、受け取り店舗の指定ができました。

6:支払い方法を選択する

次に、支払い方法を選びます。

クレジットカード決済、店舗での代引き、nanacoポイントでの支払い、nanacoギフトポイントでの支払いが選べます。
店舗での代引きであっても送料無料なのがうれしいですね。

7:注文内容を確認し、注文確定する

内容を確認し、注文を確定します。
払い込み票を印刷することもできます。

8:店舗で商品を受け取る

店舗に商品が入荷すると、お知らせのメールが届きます。
メールからバーコード付きの払い込み票ページに遷移できます。受け取り店舗のレジで払い込み票を表示すると、店舗スタッフが処理を行ってくれます。
今回は店舗代引きなので、レジで支払い、受け取りサインをして無事に商品を受け取りました。
箱が思ったより大きかったですが、ビニール袋が箱に添付されていたので、持ち運びも楽でした。

9:開封する

段ボール箱を開けると、チョコレートが出てきました。こちらも思ったより大きいです。
プレゼント用の紙袋もしっかりついていて、至れり尽くせりといった印象でした。

もちろん、チョコレートはスタッフが美味しくいただきました。

まとめ

いかがでしたか?
実店舗の売り場を楽しみながら、オンラインショップの利便性も受けられるVRコマース店舗は、今後増えていくと考えられます。

  • 混雑を緩和したい
  • 売場の臨場感を伝えたい
  • オンラインショップの利便性を保ちたい

といった要望に応えるVRコマースは、Orange ECのVR機能で構築できます。

PR:いつでも、どこでもお店に行ける。Orange ECのVRコマース機能

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
インバウンド対策、事例、ノウハウから、訪日外国人のデータまでの最新のお役立ち情報配信メディア「インバウンドNOW」
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る