触れる動画TIG commerce(ティグコマース) 触れる動画TIG commerce(ティグコマース)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実店舗販売重視のしまむら、インターネット通販事業の参入へ

郊外や地方を中心に、実店舗による販売を行なってきた衣料品大手のしまむらが、インターネット通販を行うことを検討しているようです。
しまむらは店舗販売に注力してきましたが、都心の顧客層の取り込みや顧客の利便性向上を目指した結果、EC事業に参入することを決めたようです。

実店舗に特化した販売方法を修正

しまむらは郊外や地方を中心に約2100店の実店舗を展開しています。
リーズナブルな商品を提供し、小さな商圏での商品管理・店舗管理を行うことで、地域に根ざした事業展開を行ってきました。
洋服の製造から販売まで一貫して行うも、「ユニクロ」のような多店舗・多チャネルの拡大路線とは異なる販売戦略をとってきました。

店舗運営の効率化にこだわり、接客や商品陳列、清掃などの店舗運営業務は全てマニュアル化され、店舗毎のサービス品質の維持向上を行いながらも、少人数のスタッフによる店舗運営を実現していました。

今回しまむらがEC事業への参入を決めた背景は、徹底したローコスト店舗運営の事業戦略では限界が来ていると想像することができます。

これまでしまむらがターゲットにして来た顧客層は、若年僧や子供がいるファミリー層でした。
一方、高齢者や都心に住む顧客との接点は無く、販売の対象から外れたマーケット層だったと言えます。
また返品や在庫の取り寄せは店舗で行うなど、インターネット通販での購入に慣れた消費者の購買行動とは合わない販売方法を行いつづけていたと言えます。

しまむらがインターネット通販を行うことで、これまで店舗から拾い上げていた顧客ニーズに基づいた商品開発を
インターネット通販でも発揮することが可能になります。
消費者の小さなニーズにきめ細かく対応した商品を提供してきたしまむらが、インターネットを活用してさらにリーズナブルで魅力的な商品を開発することが期待できるでしょう!

参考:しまむら「EC参入」へ 路線変更の狙いは Amazonらと交渉中
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/08/news080.html

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
TIG commerce:触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る