• このエントリーをはてなブックマークに追加

ひっそりと始まった『Discount Provided by Amazon』の全貌とは?

米The Wall Street Journal が2017年11月に報じた”Amazon Snips Prices on Other Sellers’ Items Ahead of Holiday Onslaught”という記事のなかで、『Discount Provided by Amazon』について報じられました。

参考:The Wall Street Journal
https://www.wsj.com/articles/amazon-snips-prices-on-other-sellers-items-ahead-of-holiday-onslaught-1509883201

Discount Provided by AmazonはAmazonが新しく始めた割引サービスです。第三者が販売している商品価格からさらにAmazonが割り引くシステム。これによりオンラインショッピングをおこなう消費者は欲しい商品をより低い価格で商品を購入できるようになります。商品を販売している企業からすれば通常価格で商品が売れ、しかもAmazonがリスティングをおこなうことにより多くの人の目に触れることになります。消費者にとっても低い価格で商品が手に入るのは願っても無いことです。

Discount Provided by Amazonは全ての商品に適用されるわけではなく、Amazonが割引をおこなう商品を決定し、時間を限定して販売されたり、価格の変更も適宜おこなうようです。また、突然割引がキャンセルされたりすることもあります。

このDiscount Provided by Amazonの狙いとは一体何でしょうか。適用される商品や条件、デメリットなど以下で詳しく探っていきたいと思います。

Discount Provided by Amazonとは?

Discount Provided by Amazonは、第三者企業が販売している商品の通常販売価格からさらに価格を割引くサービスで、割引額はAmazonが負担します。
Discount Provided by Amazonの狙いは、Walmart(ウォルマート)などの低価格販売をおこなっている小売業者との競争に勝つためと言われています。
小売業界において商品の低価格販売はし烈を極めており、Amazon側が割引額を負担してまで低価格競争に勝ちたいという強い意気込みが感じられます。

Discount Provided by Amazon のデメリット

Discount Provided by Amazonの内容だけ聞くと、Amazonも第三者企業も消費者も、全てがWin-Winの関係になるように思えます。しかし、Discount Provided by Amazonにはデメリットも存在します。

ロイター通信の記事によると、Discount Provided by Amazonについて重要なことが指摘されています。

Marketing the items at lower prices, however, risks angering Amazon’s third-party sellers, who instead could list their products elsewhere online. The move has drawn attention within Amazon Services’ seller forum.

「しかしながら、低価格で商品をマーケティングすることは、他のオンラインサイトに商品を代わりにリスティングされるかもしれないAmazonの第三者企業を怒らせるリスクがある。この動きはAmazon Services’ seller forumの中で注目を集めている。」(翻訳:筆者)

出典:Reuters、Amazon discounts other sellers' products as retail competition stiffens
https://www.reuters.com/article/us-amazon-discounts/amazon-discounts-other-sellers-products-as-retail-competition-stiffens-idUSKBN1D512G

なぜAmazonが割引額を負担するのに、第三者企業の怒りを買うのでしょうか。
一見すればAmazonが第三者企業の商品を代わりに販売するだけで、通常価格での売上を得ることができるため第三者企業にメリットがあるように思えます。

第三者企業のECサイトのブランディングにはつながりにくくなる?

しかしオンラインショッピングをおこなう消費者の目に触れるのが別のウェブページになるとすれば、第三者企業のウェブサイトのブランディングやマーケティングにとってはマイナスになるでしょう。Amazonのウェブページに商品が掲載されてしまうことで、商品を販売している企業のウェブサイト内の回遊性が奪われてしまうことにもなります。もしECサイトが販売しているある商品がDiscount Provided by Amazonの対象に選ばれると、そのECサイトが売上を伸ばすためのマーケティングをしていてもDiscount Provided by Amazonの影響を少なからず受けてしまうのではないかと考えられます。

回遊性についての解説はこちらの記事が参考になります。

商品の価値を下げる可能性も

小売業界で働く人の一部には、過去にAmazonがおこなった割引よって商品の価値を下げていると批判した人もいました。Amazonのこの割引サービスは休暇シーズンに向けて行われたため、シーズンが終わってしまい商品が通常価格に戻ると商品が売れづらくなるのではと危惧している人もいます。

これはAmazonの小売業者が投稿するQ&Aサービスの中でも話題となっています。

参考:Amazon Seller Forums
https://sellercentral.amazon.com/forums/message.jspa?messageID=4147927

またAmazonによって取り上げられた商品の売れ行きが良い企業と、Amazonにリスティングされない同業者で売り上げに差ができる可能背もあり、さらに一部の商品の価格が下がることによって類似商品の価格競争がさらに厳しいものになるとも考えられます。

このように商品の割引を闇雲におこなえばよいというものではなく、Discount Provided by Amazonによって引き起こされる問題はいくつも挙げられています。

Discount Provided by Amazonの内容とは?

Discount Provided by Amazonの詳細については、2018年1月現在Amazonからの公式な発表は出ていません。今のところ、ボードゲームやテック系ガジェット製品にDiscount Provided by Amazonの割引が適用されていることが確認されています。

例えば上記のAmazon Seller ForumsのスレッドのなかでDiscount Provided by Amazonの割引が適用されていた電子機器について詳細を見ると、このように記載されています。


出典:Amazon

以下は画像の赤枠で囲っているDiscount Provided by Amazonの詳細を翻訳したものです。

  • このアイテムは第三者セラーによって販売されています。この割引はAmazonによって提供されています。
  • これは期間限定割引です。
  • 割引はデジタルコンテンツには適用されません。
  • 在庫が供給されているかAmazonに撤回されるまで割引がおこなわれます。
  • 配送費用と税は前の割引前の額に適用されることがあります。
  • Amazonはいつでも割引を変更もしくはキャンセルする権利を持ちます。
  • もし割引に関連する商品もしくはコンテンツが返品された場合、適用されている払い戻しポリシーに従い商品やコンテンツと同額が払い戻しされます。

出典:Amazon 商品ページより(翻訳:筆者)
https://www.amazon.com/Davis-Instruments-WeatherLink-USB-Software/dp/B001AMKC14

また、商品ページには販売元の会社と”Fulfilled by Amazon”によって販売されていると記載されています。

このFulfilled by Amazonとは一体何でしょうか。

Fulfilled by Amazonとは?

Fulfilled by Amazonとは、簡単に言うと様々な会社の商品をAmazonの倉庫に一括して集め、注文に応じて倉庫から商品を発送するサービスです。Fulfilled by Amazonを省略して「FBA」という書き方がされていることもあります。

FBAはECサイトを運営する会社の注文/決済/発送/カスタマーサポート業務を請け負うことによってECサイト運営者の業務負担を軽減します。ECサイト運営者は商品の仕入れをしたあとAmazonに発送するだけでFBAがあとの業務を引き受けます。

FBAについての詳しい解説やメリット・デメリットなどについてはこちらのページに記載されています。

Discount Provided by AmazonがFBAを利用しているECサイト運営者の商品のみに適用されるかどうかはAmazonのSeller Forumsで議論がされていますが、これに対する明確な回答はまだありません。
Amazonの公式ページにDiscount Provided by Amazonが適用される範囲や条件について探してみたものの、それらしき規定が書かれたページは見つかりませんでした。

まとめ

Discount Provided by Amazonは2017年末にひっそりと始まったサービスで、その全貌はまだ見えません。具体的にいつから始まり、またどれくらいの期間続くものであるのかAmazon側からは発表されていません。
Amazonブランドの評価を高めるためにおこなわれた戦略的マーケティングであることは間違いなさそうですが、このサービスについて知らない第三者企業も多いでしょう。

商品の割引がされることで消費者は安い商品を購入することができる一方で、商品の価値を減じてしまうのではと危機感を覚えている小売業者もいます。この件が原因でAmazonの利用を差し控える小売業者も出てくるかもしれません。第三者企業は対象がどの商品であるのか、またいつ割引がおこなわれるのか、除外設定はできないのか、FBAを対象にしたものであるのかといった数多くの疑問を抱いているでしょう。

Discount Provided by Amazonに必要なことは、Amazon側が利用者に不安を感じさせないために詳しい情報の提供をまずおこなうべきでしょう。

PR:ECサイト構築パッケージ「Orange EC」ではお客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
Orange ECの「VRコマース機能」
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る