• このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサービスの利便性向上と活性化を促進してくれるサイレント認証とは~ラストワンマイル問題の解決のヒント~

ラストワンマイルの問題は、従来型のECには必ず付いて回る懸念事項であり、現在のEC運営者が最も頭を悩ませる問題の一つであるともいえるでしょう。

この問題をいかに解決するかというのにも多くの取り組みがなされてきましたが、現代の取り組みの一つとして「サイレント認証」と呼ばれるものがあります。

スマートフォンが普及し、機械学習やAIの発達により実現可能となったとされるサイレント認証ですが、ECユーザーにはどのようなメリットをもたらしてくれ、ラストワンマイル問題を解決してくれるのでしょうか。

今回はそんなラストワンマイル問題の概要や、その解決策としてのサイレント認証についてご紹介します。

  • ECを鈍らせるラストワンマイル問題
  • 高いユーザビリティを実現するサイレント認証
  • 将来ドローン配送にも応用されていく可能性も

日本のEコマース市場の現状

Eコマースは日本においてはあまり浸透していないとは言いますが、店舗ごとのEC化率は低くとも、その取引額は世界でも指折りの数字となっています。

経産省のデータによれば、2017年にはBtoCにおける電子商取引の額が16兆円に達しており、前年から約9%の伸びを見せています。

出典:経済産業省 http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180425001/20180425001.html

この傾向は今後もしばらく続くと考えられ、より多くの取引がインターネットを介して行われるようになるでしょう。

それでもECはあくまで従来の取引に比べて利用者にメリットが多いから利用されているだけで、現在のECが完璧なシステムで構築されているとは言い難いものがあります。

そして、冒頭でも述べた通りEC事業者が考えなくてはならない問題として「ラストワンマイル問題」は物流業界も巻き込んだ社会問題ともなりました。

ECの抱える「ラストワンマイル問題」について

ラストワンマイル問題はその名前からも推測できるように、商品が実際に発送される最後のプロセスでの煩わしさに関連しています。

これまでのECが提供に成功してきたのは、ネット上で迅速に商品の購入手続きを完了させることでした。

注文後の問題であるラストワンマイル

購入したい商品を販売している実店舗に足を運ばずとも、オンラインショップを使えば自宅や職場など、いつでもどこでも好きなタイミングで購入できるというのは私たちのライフスタイルを大きく変えてくれました。

しかしながら、問題はその商品を購入した後の話です。実店舗とは違い、オンラインショップで購入した商品は実際に手元に届くまでのタイムラグが存在します。オンラインで購入した際には大小とわずこのラグが発生するのですが、特に煩わしいとされているのが実際に届け先近くから商品を配達する過程です。

この最後のスパートは発送元の努力ではどうすることもできず、ラストワンマイルの問題は解決しづらい課題であるとされてきました。

ラストワンマイルの問題の一つでポピュラーなものをあげれば、例えば再配達の問題が挙げられるでしょう。

従来のラストワンマイルへの対処法

再配達はせっかく宅配業者が購入者の元まで持ってきてくれたにもかかわらず、結局受け取れずにわざわざ配達に来たぶんの時間と運送コストが無駄になってしまう厄介な問題です。

特に現代ではEC需要の高まりにより、塵も積もれば、ということで再配達によるコストが運送業者の間で大きな話題となっています。

現在の取り組みとしては、宅配ボックスの設置が比較的有効な施策であるとして注目されています。受け取り主が不在でも、家に設置されてあるボックスを利用することで配達を完了させることができるという仕組みです。

他にもコンビニ受け取りの強化や店舗受け取りの開始など、自宅以外で受け取れる拠点を外部に設置することで、このラストワンマイルに対処する取り組みが進められています。

しかしそれはあくまでも再配達のコストを抑えることが目的とされた取り組みであり、自宅への直接配送を超えるユーザビリティを持った施策は打ち出されて来ませんでした。

しかし高いユーザビリティを保ちつつ、それでいてラストワンマイルの問題を解決する可能性を秘めたテクノロジーが、サイレント認証なのです。

サイレント認証の概要

サイレント認証とは、スマートフォンの位置情報などからユーザーの行動を機械学習による収集・分析し、そのユーザーのよく行くお店、駅などを記憶することで特定の行動パターンから本人確認を完了させるシステムです。

ハイテクを集積したサイレント認証システム

ここで収集対象となるデータは多岐にわたり、単なる位置情報以外にも何曜日の何時にどこへ行き、そこにどれくらいの時間滞在したのか、そしてその日の行動パターンはどのようなものであったのかを正確に学習します。

そしてそこで収集されたデータをもとに、その人が本人であるのかや、オンラインで購入したものは発送タイミングと購入者の行動パターンから、いつどこに届けるのが最適かを割り出してくれるのがサイレント認証の最大の特徴です。

このような認証システムを採用することで、商品の送り手は確実に素早く購入者に商品を送ることができ、購入者は好きなタイミングで確実に手元に商品が届くというシステムを構築することが可能になるのです。

そしてサイレントと言われる所以は、この認証にはユーザーに手間を掛けさせる必要がないことが理由です。これまでの購入手続きは住所入力などが煩わしく、ECを遠ざけてしまう理由にもなっていました。

ところがサイレント認証の技術を導入すれば、機械学習によって分析された行動パターンから本人かそうでないかを特定することができるため、スマートフォンと認証システムを利用するアカウントが紐つけられていれば、もはや面倒な注文プロセスもワンタップで完了することが可能となるでしょう。

具体的で正確な配送が可能に

そして配送場所や時間も、これまでとは比べ物にならない具体的かつ正確な指定が可能になるでしょう。

例えば駅から家までの帰り道にあるコンビニの前や、公園の中など好きな場所を指定し、実際に配送してもらうことができるようになるでしょう。

あるいは、機械学習によって獲得した行動パターンから、最適な時間と場所をシステムが自ら提案し、配達可能なタイミングと場所を教えてくれるかもしれません。

将来はドローン配送に応用される可能性も

この仕組みを導入すると、従来の宅配サービスにおいても大きな力を発揮することになるかと思いますが、サイレント認証が最大限活用することができるようになるのは、ドローンによる配達が実現したタイミングでしょう。

ドローンによる配達はまだ実践段階には到達していませんが、もしこれが実現すればサイレント認証が大きな役割を果たすようになるでしょう。

もはや配達時間は秒単位で指定できるようになるかもしれませんし、場所も選ばなくなります。電源の入ったスマートフォンを持っているだけで、大体の時間を指定しておけば、帰り道を歩いている途中に通りがかりのドローンが渡してくれるようになるかもしれません。

サイレント認証は、そのような次世代の流通にも十分対応しうる技術であると言えるでしょう。

サイレント認証が普及することの小売への影響とは

このようなシステムが導入されると、実際にECや小売はどのように変化して行くのでしょうか。

サイレント認証は物流にをより効率化してくれるシステムであるため、今よりもさらに買い物がしやすい環境となることは間違い無いでしょう。配送と受け取りの手間が大きく削減されることで、購入のハードルが下がって行くことも考えられます。

市場競争が活発になるのか、大手だけが生き残るのか

ただ、こういったシステムを積極的に導入して行く企業と、そうでない企業の差はより開いて行くようになることも考えられます。

サイレント認証をどの分野で取り入れることが理想のシステムとなるのかは正確にはわかりませんが、前述のように注文と受け取りの敷居が低いところにお客さんは集まります。

商品の値段やサービスも重要ですが、こういった流通に関する先端技術を積極的に導入するのはいつも大企業です。

このような配送システムがスタンダードとなれば、それにキャッチアップできない小売業者はますます不利になっていくことは可能性として十分にありうるでしょう。

PR:大規模ECサイトなら「Orange EC」。お客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ORANGE MA
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
店舗スタッフの動画投稿から販売につなげる動画コマース「TIG commerce(ティグコマース)」
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る