http://未来チャレンジコンソーシアム http://未来チャレンジコンソーシアム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイトの「商品検索」を使いやすくする4つの方法

企業のホームページやECサイトに訪問すると、「商品検索」機能を備えているウェブサイトが多く見られるようになりました。日本でよく利用されているAmazonや楽天といった大手ECサイトの商品検索機能はもはや当たり前のものとして受け入れられています。

商品検索はキーワードを入力して商品の有無を確認したり、複数のECサイトから同一商品の比較を行うことができます。

たとえECサイトに数多くの商品点数が存在したとしても、商品検索機能が使いやすくなければ利用者は商品を見つけることができないため購入までにいたりません。

どのようにすれば利用者目線で商品検索機能を使い勝手がよく改善できるのでしょうか。使いやすい商品検索について解説していきます。

目次

商品検索は「探しやすさ」が第一

オンラインショッピングで商品を検索するときにこんな経験をしたことはないでしょうか。

  • 画像はあるが商品名がわからない
  • キーワードがヒットしない、または入力しているキーワードが合っているかわからない
  • 商品の分類方法が複雑(または一般的ではない分類方法)でわからない
  • 検索結果を表示するのに時間がかかる
  • 商品を購入したいのに最後のページで商品在庫がないことがわかる
  • 商品の検索結果を価格順、人気順、新旧順などの順に並び替えできない

これらはすべてECサイトに訪問したユーザがページから離脱する原因になります。

使い勝手の悪いサイトは「買い物をしたいのに面倒」というイメージを抱かせてしまうため、せっかくウェブサイトを訪問したユーザにストレスを与えてしまいます。
ECサイトは運営側に使いやすいようにするのではなく、利用者の使い勝手を第一に設計にしなければいけません。

AIチャットボットでの商品検索も話題に

最新の技術では、AIチャットボットによる商品検索が話題となっています。
例えばユニクロではアプリに「UNIQLO IQ」という機能が追加されました。この機能では、コーディネイトの提案や在庫状況などよくある質問についてAIチャットボットが自動的に回答を行います。
あいまいなキーワードでも検索が可能です。UNIQLO IQではそのまま商品の注文も可能なため、新たな商品検索の方法として注目を集めています。

AIチャットボットの活用は今後広まっていく可能性が高いでしょう。

上記の最新のAIチャットボットを活用した商品検索のニュースを踏まえつつ、商品検索をしやすい方法として次の4つが挙げられます。

商品検索を使いやすくする4つの方法

利用者がサイトから離脱するのを防ぐため、ECサイトの商品検索は「利用者が商品を見つけやすく、使いやすい」設計にする必要があります。
商品検索をしやすい方法として、次の4つが挙げられます。

  1. キーワードサジェスト機能
  2. カテゴリ分け
  3. 画像検索
  4. 並び替え

1:キーワードサジェスト機能

商品検索をするときに入力するキーワードがあいまいなユーザもいます。
そのため、キーワードサジェスト機能を付加することであいまいなキーワードでもユーザが求めている商品を探す手助けをします。

キーワードを入力し始めると同時にユーザが探していそうな商品のキーワードを表示する入力アシスト機能も手間を省いてくれるため非常に役立ちます。

2:カテゴリ分け

商品を探すときにカテゴリから入るユーザもいます。しかし次のような場合、使い勝手が悪いと判断されてしまいます。

「商品のカテゴリ分けがされていない」
「カテゴリの分類がわかりづらい」
「普通であればカテゴリ分けされているところに商品がない」

たとえば青いTシャツが欲しいとして、カテゴリが「トップス」しかないとしましょう。

すると検索結果には「Tシャツ」だけでなく、「ポロシャツ」「ジャケット」なども含めたトップスが全て検索結果に出て来てしまい、Tシャツだけを探したいユーザには不便です。そのため分類は細かく分類されている方がユーザにとっては使いやすいのです。

またカテゴリの分類名が一般的でなく専門的な名称だと利用者が商品を見つけづらくなります。
カテゴリ分けをする際は誰でも推測しやすい分類名にすることも同じく重要です。

3:画像検索

画像検索も商品検索には有効な手段です。
検索というとキーワード入力しかしたことがないという方も多いですが、ECサイトでは画像による検索で類似の商品を見つけることができます。

日本のECサイトではあまり見かけることがありませんが、中国のECサイトでは画像による商品検索もよく用いられています。

参考:中国の大手ECサイト、タオバオ

画像による検索はキーワードがわからないユーザの商品検索を助けます。

4:並び替え

商品検索をする際、ユーザが求めているものは「数ある商品の中から一番良いもの」を購入することです。そのため検索結果を価格順/評価順/新旧順に並び替えできる機能をつけることで、より使い勝手の良いECサイトであると認識してもらうことができます。

横断検索による流入を確実に成約につなげるためには?

いまでは膨大な数のECサイトが存在し、インターネットユーザはいかにしてこの膨大なECサイトの中から一番良い条件の商品を探すことに熱心です。

多くのECサイトから一番良い商品を見つけるためには、ウェブサイトをひとつずつ訪問して商品検索をする方法は非常に時間がかかります。そのため今では複数のECサイトで販売されている商品を一括で比較することができる「横断検索」が頻繁に利用されています。

横断検索をするサイトの例として、楽天やAmazon, Yahoo!, Googleなどが代表的です。

ECサイトの使い勝手が悪いと離脱原因に

横断検索を行ったユーザは、検索結果をざっと見たあとに価格やレビューなどを参考にして一番良いものを選択しますが、たとえ条件の良い商品を販売しているECサイトでも使い勝手が悪いと購入までに至りません。ウェブサイトの設計に問題があったり、決済手段がユーザの希望しているものがなかったり、操作が難しいECサイトだとこれも訪問者にストレスを与えてしまうため離脱の原因になります。

そのため検索でいくら訪問者の流入が多くても、ECサイトの使い勝手が悪いと離脱の原因となってしまいます。

横断検索からの流入を確実に成約につなげるためには、ECサイト内の商品検索機能を整えることも大事ですが、文字の大きさ、デザイン、表示デバイスに合わせたデザインやレイアウト、決済手段、配送手段、在庫状況が正確であることなど細かい配慮が必要になります。

調査では9割が商品購入前にインターネットで情報を集める

商品検索に重要な要素が「実際に商品を購入した人の評価」です。

2015年にコンサルティング企業のエルテスが実施した買い物に関する調査では、買い物前にインターネットで事前に商品やサービスについての情報を調べる人が87.5%にのぼるという結果が出ました。

どのようなことを調べているのかというと、「商品名や会社名の検索」と「口コミサイトのレビュー」でした。

画像出典:Eltes

参考:エルテス
https://eltes.co.jp/wp-content/uploads/2015/02/report20150205.pdf

検索行動の結果、約9割の消費者が不満やクレームのネガティブな評価を気にすると回答し、8割の消費者はネガティブな評価を見て購入をやめると回答しました。

画像出典:Eltes

注目したいのが口コミに関して「ネガティブな情報を調べる」と回答した人が多い点です。こちらのグラフでは6割以上がネガティブな情報を調べると回答しています。

画像出典:Eltes

実際に商品を購入した他人の評価は商品購入を決定づける要素のひとつです。ネガティブな情報を集めるのは買い物をしたあとに後悔をしたくないため、購入前に情報を集めて失敗を回避したい消費者の心理の表れが見て取れます。

検索機能は商品を見つけやすくするための入り口

商品検索に必要なことは、商品を見つけやすくすることです。

商品を見つけやすい検索の方法として、キーワードサジェストによる予測変換、わかりやすいカテゴリ分け、画像検索、並べ替えが有効です。

商品検索機能を付加することももちろん重要ですが、この他にも ECサイトの設計をよりユーザー目線で変えることが重要です。

ユーザ目線のウェブサイトは文字の大きさやデザイン、決済手段、配送手段、在庫状況が正確であることなど細かい点で配慮が行き届いていることを指します。

特に今では実際にECサイトを利用した人からの評価が重要視されます。利用者からの評価は真摯に受け止め、ウェブサイトの設計やサービスの改善に役立てることでより良いECサイトに変えていくことができます。

AIチャットボットによる商品検索の例からもわかるように、よりユーザ目線の使いやすい商品検索機能も登場しています。

検索機能は商品を見つけやすくするための入り口であるため、ECサイトの改善の一歩として最初に取り組むと良いでしょう。

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
インバウンド対策、事例、ノウハウから、訪日外国人のデータまでの最新のお役立ち情報配信メディア「インバウンドNOW」
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る