• このエントリーをはてなブックマークに追加

【最新版】ECサイト構築サービスを徹底比較。モールとASPはどちらがおすすめ?

「ECサイトを構築したいけど、具体的にどうしたらいいんだろう?」

と思っている方のために記事を書きました。

ECサイトを簡単に構築するには「モール型ネットショップ」もしくは「ショッピングカートASP」がおすすめです。というのも、これら2つの方法はあらかじめ大枠が用意されているため、スピーディな構築やコストの低い構築が実現します。

とはいえ、モール型とASPのどちらがよいのかはわかりにくいですよね。

この記事では、

  • モール型ネットショップの特徴
  • ショッピングカートASPの特徴

の順に、それぞれ概要とおすすめの人を解説します。

記事を読めばECサイトを構築する方法をざっくりと知ることができます。まずはこの記事で「ECサイトを構築するにはどのサービスを使えばよいのか」について知っていきましょう。

結論:スピーディに集客するなら「モール型」、初期費用をおさえるなら「ショッピングカートASP」

ECサイトを構築するにはいくつかの方法があります。その中でも代表的なのは「モール型」と「ショッピングカートASP」です。

モール型ネットショップの特徴:構築からスピーディに集客へつなげられる

モール型ネットショップは、楽天市場やAmazonマーケットプレイスなどが提供するシステムを利用して、商品やサービスを販売する方法です。

モール型の一番のメリットは「集客力」です。

ショッピングモール自体に集客力があり多くの人が集まるので、大きなコストをかけることなく集客することができます。

また、サイトを一から作る必要がなくサイトの開発費などが少なくて済むのもメリットです。

そのかわり、出店手数料や販売手数料がかかるデメリットもあります。
同じ商品を扱っている場合は、競合する出店者と価格競争も起きてしまうので、こちらも注意が必要です。

こんな方におすすめ
  • コストがかかってもよいのでスピーディーに集客したい方
  • ネットショップの開業を楽にしたい方

ショッピングカートASPの特徴:初期費用をおさえることができる

ショッピングカートASPは、各サービスを活用しゼロからショップを構築する方法です。

一番のメリットは「初期費用をおさえることができる」ことです。

ショッピングモール型に対し、かなりコストをおさえショップを構築できます。

またショップのデザインの自由度が高く、

  • ショップのデザインを複数のテンプレートから選ぶことができる
  • HTMLやCSSを使ってデザインをカスタマイズできる

など、専門知識がなくても簡単に望みの見た目を作ることが可能です。

デメリットは、集客を自社で行わなければならないこと。モール型だと例えば「楽天の中にある●●専門のECサイト」のような位置づけをできますが、自社ECサイトだと1からブランディングしていく必要があります。

こんな方におすすめ
  • 初期費用を安くおさえたい方
  • ショップを自由にカスタマイズしたい方

ECサイトの構築方法についてもっと詳しく知りたい方は無料で作れるサービスも!ECサイト構築の基礎とおすすめサービスをご一読ください。

モール型ネットショップのおすすめ5選

ここからはモール型ネットショップのおすすめサービス、

  1. 楽天市場
  2. Yahoo!ショッピング
  3. Amazon
  4. ポンパレモール
  5. Wowma!

についてお伝えします。

モール型ネットショップを利用してみたいかたはぜひ参考にしてみてください。

1. 楽天市場:国内最大のインターネットショッピングモール

楽天市場は、国内シェアNo.1のショッピングモールです。

圧倒的な流通量で、広告費をあまりかけることなく集客できます。
また、自社ショップをブランド化することができ、常連客を作りやすいのも特徴です。

【利用料金:スタンダードプラン】

  • 初期費用:60,000円+税
  • 月額費用:50,000円+税
  • 販売手数料:2.0〜4.5%
  • 商品登録数:20,000商品
こんな方におすすめ
  • 自社ショップをブランド化し常連客を作りたい方
  • ある程度資金に余裕のある方

2. Yahoo!ショッピング:出店数No.1のショッピングモール

Yahoo!ショッピングは、出店数No.1のショッピングモールです。初期費用および月額費用が無料で出店することができます。

楽天市場と並行して出店しているユーザーが多くいます。

【利用料金】

  • 初期費用:無料
  • 月額費用:無料
  • 販売手数料:無料
  • 商品登録数:無制限
こんな方におすすめ
  • とりあえずショッピングモールに出店したい方
  • 販売経路を増やしたい方

3. Amazonマーケットプレイス:ユーザー数が国内最大のショッピングモール

Amazonマーケットプレイスは、国内最大のユーザー数をほこるショッピングモールです。

【利用料金:大口出品】

  • 初期費用:無料
  • 月額費用:4,900円+税
  • 販売手数料:8〜20%
  • 商品登録数:無制限

4. ポンパレモール:リクルートの各種サービスと連携したショッピングモール

ポンパレモールは、リクルートが運営するショッピングモールです。そのため、じゃらんやホットペッパー、ローソンなどのユーザー約8,500万人に対しアプローチすることができるのが特徴です。

またPontaポイントを利用できるので、Pontaポイントを貯めたいユーザーにもアプローチできます。

【利用料金:ベーシックプラン】

  • 初期費用:20,000円+税
  • 月額費用:29,800円+税
  • 販売手数料:2.5%
  • 商品登録数:20,000点
こんな方におすすめ
  • リクルートの各種サービスを利用しているユーザーにアプローチしたい方
  • Pontaポイントを貯めているユーザーにアプローチしたい方

5. Wowma!:スマホユーザーが圧倒的に多いショッピングモール

Wowma!は、KDDIが運営するショッピングモールです。

KDDIが運営していることから、auと契約しているスマホユーザーが多いのが特徴です。au WALLETポイントが利用できるので、au WALLETポイントを貯めているユーザーへもアプローチすることができます。

【利用料金:コミコミ出店プラン】

  • 初期費用:10,000円+税(2019年3月までキャンペーン:0円)
  • 月額費用:4,800円+税(2019年3月までキャンペーン:0円)
  • 販売手数料:4.5%〜9.0%
  • 商品登録数:50,000点
こんな方におすすめ
  • スマホユーザーをメインにアプローチしたい方
  • au WALLETポイントを貯めているユーザーにアプローチしたい方

次は、ショッピングカートASPについて紹介します。

ショッピングカートASPのECサイト構築サービスのおすすめ5選

ここからはショッピングカートASPのおすすめサービス、

  1. ショップサーブ
  2. カラーミーショップ
  3. MakeShop(メイクショップ)
  4. CARTSTAR
  5. らくうるカート

についてお伝えします。

ショッピングカートASPを利用してみたいかたはぜひ参考にしてみてください。

1. ショップサーブ:創業20年を誇る老舗のショッピングカートASP

ショップサーブは、創業20年、導入実績11,590店舗を誇る老舗のショッピングカートASPです。

「月商1,000万円超えを目指せる通販システム」というキャッチコピーで、20年間で培ったノウハウをもとにした充実したサポートを無料で受けることができます。

操作方法に関するテクニカルサポートのほか、売上げアップや集客対策などに関する相談窓口も提供されています。

サポートが充実している分、他サービスと比較すると料金が少し割高です。

【利用料金:スタンダードモバとくプラン】

  • 初期費用:10,000円+税
  • 月額費用:11,200円+税
  • 商品登録数:1,000商品
  • 売上ロイヤリティ:なし
  • 無料試用期間:14日間
こんな方におすすめ
  • 充実したサポートを必要とする方

2. カラーミーショップ:導入店舗数No.1のショッピングカートASP

カラーミーショップは、GMOペパボが提供しているショッピングカートASPです。
ショッピングカートASPの導入店舗数は国内No.1で、その店舗数は45,000店舗あります。

これまで紹介したサービスと比べても、低コストでショップを運営することができます。

【利用料金:レギュラープラン】

  • 初期費用:3,000円+税
  • 月額費用:3,000円+税
  • 商品登録数:無制限
  • 売上ロイヤリティ:なし
  • 無料試用期間:30日間
こんな方におすすめ
  • コストをできるだけおさえたい方
  • はじめてショップ運営をする方
  • 比較的小さめの店舗

3. MakeShop(メイクショップ):年間流通総額No.1のショッピングカートASP

メイクショップは、GMOメイクショップが提供するショッピングカートASPです。
年間流通総額が6年連続No.1で、売上実績が高いです。

機能が651個と多いのが特徴で、他のショッピングカートASPで提供されているほとんどの機能を搭載しています。また、メイクショップに商品登録すると、ワンクリックで「Yahooショッピング」や「価格.com」などに商品をのせることが可能です。

操作方法に関するアドバイス、売上アップに関する相談やセミナーなどサポートも充実しています。

【利用料金:プレミアムショッププラン】

  • 初期費用:10,000円+税
  • 月額費用:10,000円+税
  • 商品登録数:10,000点
  • 売上ロイヤリティ:なし
  • 無料試用期間:15日間
こんな方におすすめ
  • 豊富な機能を利用したい方
  • 学びながら売上を伸ばしたい方

4. CARTSTAR:ユーザーごとにパーソナライズできるショッピングカートASP

CARTSTARは、NHN SAVEWAY株式会社が提供するショッピングカートASPです。

「リアルと同じ接客をECでも」というキャッチコピーで、ユーザーの性別や購入履歴など、属性に合わせた画面表示にすることができます。

デザインの自由度が高く、よりユーザーに沿ったサービスを提供できます。

利用料金は以下の通りです。

  • 初期費用:20,000円+税〜
  • 月額費用:10,000円+税〜
  • 商品登録数:100点〜
  • 売上ロイヤリティ:なし
  • 無料試用期間:30日間
こんな方におすすめ
  • ネット上でもリアルな接客をしたい方
  • お客様ごとにパーソナライズされたサービスを提供したい方

5. らくうるカート:注文から配達まで一括管理できるショッピングカートASP

らくうるカートは、クロネコヤマトを運営するヤマトグループが提供するショッピングカートASPです。

注文から支払い、配達までをヤマトグループの各種サービスで行うことができ、そのすべてをまとめて管理できます。

すべてヤマトグループのサービスを利用するので、スムーズにトラブルも少ないです。

【利用料金:レギュラープラン】

  • 初期費用:5,000円+税(2018年12月末までキャンペーン価格:3,000円+税)
  • 月額費用:3,000円+税
  • 商品登録数:無制限
  • 売上ロイヤリティ:なし
  • 無料試用期間:30日間
こんな方におすすめ
  • 注文から配達までを一括管理したい方
  • 少しでもトラブルを少なく販売したい方

最適なECサイト構築で、ネットショップのスタートダッシュを!

ここまでをおさらいします。

ECサイトを低コストで構築するには、「モール型ネットショップ」と「ショッピングカートASP」と2つの方法があります。

スピーディに集客するなら「モール型ネットショップ」、初期費用をおさえるなら「ショッピングカートASP」です。

それぞれについて、以下の特徴を紹介しました。

【モール型ネットショップの特徴】

  • コストがかかってもよいのでスピーディーに集客したい方
  • ショップの構築を楽にしたい方

【ショッピングカートASPの特徴】

  • 初期費用を安く抑えたい方
  • ショップを自由にカスタマイズしたい方

モール型ネットショップの場合、

  • 流通量やユーザー数を重視なら「楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonマーケットプレイス」
  • Pontaポイントやau WALLETポイントのユーザーにアプローチするなら「ポンパレモール、Wowma!」

がおすすめです。

ショッピングカートASPの場合、

  • 実績重視なら「ショップサーブ、カラーミーショップ、メイクショップ」
  • ユーザーごとにパーソナライズしたいなら「CARTSTAR」
  • トラブルを少なくしたいなら「らくうるカート」

をおすすめします。

まずは自社のECサイト構築においてスピーディな集客と手ごろな構築費用のどちらを優先するか、検討することから始めてみてください。

PR:大規模ECサイトなら「Orange EC」。お客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE

S-cubism ニュースレター登録

S-cubism ニュースレターとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る