ECと店舗のカキネを無くす ECと店舗のカキネを無くす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンギュラリティとは何か?技術的特異点の概要をわかりやすく説明

「最近耳にするシンギュラリティって、何だろう?私たちにどう関係するのかな?」

という疑問をお持ちの方。

シンギュラリティ(技術的特異点)とは、「人工知能(AI)の発達により、人間には予測できないスピードで社会が変化するようになる瞬間」を指す概念です。

とはいえ、シンギュラリティが具体的に何なのか、私たちの生活にどのような影響を与えるのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

の順にシンギュラリティについて紹介します。

シンギュラリティというと横文字で難しく感じるかもしれませんが、おさえるべきポイントはそこまで多くありません。

まずはこの記事で、シンギュラリティの概要をおさえてくださいね。

シンギュラリティ(技術的特異点)とは何か

シンギュラリティとは、人工知能(AI)の発達により、私たち人間には予測できないスピードで社会が変化することを表す考え方です。

日本語では、「技術的特異点」と表現されます。

人工知能研究の世界的な権威であるレイ・カーツワイル博士により、2005年刊行の書籍の中で提唱されました。

シンギュラリティが訪れると、

  • 人工知能(AI)が人間を超えて地球上でもっとも賢い存在になること
  • 人工知能(AI)がより賢い人工知能を生み出すようになること
  • それにより爆発的なスピードで世の中が変化すること

が予測されています。

そして、その影響はテクノロジーの分野だけにとどまりません。

シンギュラリティの到来は、私たちの社会や生活に大きな影響を与えるとされることから、ここ最近で特に注目されるようになりました。

シンギュラリティ(技術的特異点)はいつ来るのか

カーツワイル博士は、「シンギュラリティは2045年に訪れる」としています。

しかし、議論や研究が進んだ現在では、シンギュラリティの到来時期について様々な可能性が考えられています。

ここでは、

  • シンギュラリティが2045年に訪れる可能性
  • シンギュラリティが訪れない可能性

の2つの側面からシンギュラリティの到来について説明します。

シンギュラリティは2045年に到来するといわれている

シンギュラリティは、2045年に到来すると予測されています。

これは、「半導体の集積密度は、18~24ヶ月でおよそ2倍になる」という法則に則った予測です。

わかりやすく説明すると、およそ半年から2年のサイクルでコンピュータの性能は2倍になるという考えです。

「ムーアの法則」と呼ばれるこの法則に従うと、2045年にはシンギュラリティが起きるだけの土台ができあがるだろうとの予測がされているのです。

これは「2045年問題」と呼ばれています。

シンギュラリティが来ない可能性はある?

2045年問題が叫ばれていますが、シンギュラリティは訪れないと唱える研究者もいます。

現在、人工知能は過大評価されていると指摘し、シンギュラリティが訪れることはないとの考えを述べているのです。

しかし近年、シンギュラリティは来ないどころか、その到来が早まるのではという見方もされるようになりました。

コンピュータおよび人工知能(AI)がより早いサイクルで発達することにより、2029年にはシンギュラリティが到来するのではといわれているのです。

このようにシンギュラリティの到来時期については、さまざまな意見があり、日々議論がなされています。

シンギュラリティ(技術的特異点)が訪れるとどんな変化が起きるのか

シンギュラリティが訪れると、以下のような変化が起きるとされています。

  • 雇用形態がガラリと変わる
  • あらゆることが自動化されモノの価値が下がる
  • 人類のあり方そのものに変化が起きる

具体的にどのような変化が起き、私たちの生活にどのような影響を与えるのか説明します。

仕事のあり方や雇用形態がガラリと変わる

シンギュラリティが訪れると、仕事のあり方や雇用形態はガラリと変わると考えられます。

すでに、人工知能(AI)を搭載したロボットが単純作業を担うようになっていることは、おそらくご存知かと思います。

人工知能(AI)が私たち人間よりも賢くなったときには、今ある職業のほとんどはそのあり方が大きく変わる可能性が大きいです。

その過程では、ベーシックインカムが導入されることで、全員が働かなければならない社会すらも形を変えていくと考えられます。

あらゆることが自動化されモノの価値が下がる

シンギュラリティの到来は、モノの価値にも影響をおよぼすはずです。

人工知能(AI)の発達によりあらゆることが自動化されることで、あらゆるモノの生産コストが大きく下がると考えられます。

生産や流通などに人が関与しなくなれば、これまで人に割いていたコストはグッとおさえることができます。

そのため、シンギュラリティの到来によって爆発的なデフレが起きると考えられているのです。

人類のあり方そのものに変化が起きる

シンギュラリティは、人類のあり方そのものすら変えてしまうと考えられます。

人工知能(AI)がより発達すれば、人間の意識をデータベースにアップロードしたり、記憶を他の人に引き継いだりすることも不可能ではありません。

また、生活のほとんどをVR(仮想現実)の中で過ごす人も現れてくるはずです。

このようにシンギュラリティの到来は、私たちが生きている社会や生活そのものをガラリと変えてしまうだけの影響を与えます。

シンギュラリティ(技術的特異点)による影響を特に受けやすい分野

以下の3つは、シンギュラリティによる影響を特に受けやすいとされる代表的な分野です。

  • ロボット産業
  • ナノテクノロジー
  • IoT

どれも専門的なようですが、実は私たちの生活に大きな影響を与えるものばかりです。

シンギュラリティの到来により、それぞれがどのような影響を受けるのか説明します。

1. ロボット産業

人工知能(AI)が今よりも発達すると、ロボット産業はより盛んになることは想像に難くありません。

人工知能(AI)が「判断を下すための脳」とするならば、ロボットは「判断に従って動く肉体」の役割を担います。

シンギュラリティの到来により、ロボット産業の需要は急激な高まりを見せると予測されます。

2. ナノテクノロジー

ナノテクノロジーとは、「原子や分子のような微細な要素を制御することで、望む性質や機能を持つデバイスを実現する技術」を意味する言葉です。

医療などのバイオから半導体などのITまでまたがる、普遍的な技術とされています。

このナノテクノロジーも、シンギュラリティの影響を強く受けるとされる分野です。

また、ナノテクノロジーの研究が進むことで人工知能(AI)もより進歩するという相互作用も起こりえます。

3. IoT

IoT(Internet of Things)とは、「モノとモノをインターネットでつなげる技術」を意味する言葉です。

一見難しそうですが、Appleウォッチに代表される「スマートウォッチ」をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

スマートウォッチも「腕時計」と「スマートフォン」をつないだIoT製品のひとつです。

現在でもIoTによって、家電や車など多くの身近なものがインターネットにつながり、私たちの生活を便利にしてくれています。

シンギュラリティによって、現在では想像もできない媒体にまで人工知能が搭載されるようになると予測できます。

まとめ:シンギュラリティと向き合うためにも日々学ぶことが大切です

最後にここまでの内容をまとめます。

シンギュラリティとは、「人工知能(AI)の発達により、人間には予測できないスピードで社会が変化するようになる瞬間」を指す概念です。

シンギュラリティが到来すると、

  • 雇用形態がガラリと変わる
  • あらゆることが自動化されモノの価値が下がる
  • 人類のあり方そのものに変化が起きる

といった変化が世の中にもたらされると予測されます。

そして、シンギュラリティの到来は

  • ロボット産業
  • ナノテクノロジー
  • IoT

の分野に特に大きな影響を受けます。

たとえテクノロジーの分野に携わっていなくても、シンギュラリティと向き合うことは避けては通れません。

新しい技術と向き合うために、まずは日々最新の情報に触れることから始めてみてはいかがでしょうか。

新しいテクノロジー情報の収集には、以下のサイトを閲覧することをおすすめします。

PR:新しいECを、エスキュービズムのR&Dで実現!

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る