• このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのEコマースサイトをクイック・チェック

ウェブ上に様々なEコマースサイトがある中で、当然そこには見習うべきサイト、そうでないサイトがあります。

これからサイトを作成しようとする人、自分の運営するサイトを客観的に評価したい人はどんな点に注意しなければならないのでしょうか。

ユーザビリティの観点に立ち、Eコマースサイトのチェック項目をご紹介したいと思います。

レイアウト

顧客の視点に立ち、美的感覚を駆使してレイアウトの候補を選びます。そして各レイアウトの中でどれが一番顧客の心をつかむか予めテストをしておきます。さらに一歩進めてそれぞれの顧客の好みに合わせたレイアウトも用意することができます。レイアウトに関して以下の点に特別注意を払う必要があります。

フォント

印刷デザインを追求するということは思うよりもずっと複雑なことです。無意味に思えることもあるかもしれません。しかしウェブサイトのテキストのフォントを変えることは売上に変化をもたらします。

メニューとナビゲーションの位置とタイプ

メニューとナビゲーションには様々なタイプがあります。どのようなものが一番適しているか考えなくてはなりません。

CSS

ウェブサイトの見た目に変化を与えるために様々なスタイルシートをテストする必要があります。CSSはウェブページのレイアウトを定義する規格です。CSSを使うと、フォントや文字の大きさ、文字飾り、行間などの見栄えに関する情報を文書本体(及び文書の論理構造を記述したHTML)から切り離すことができ、ユーザーが複数のレイアウトから適当なものを選択することができるようになります。

情報を詰め込むか、シンプルにするか

できるだけ多くの情報を盛り込まれたウェブサイトもあれば、情報を最低限にして簡素に作られたウェブサイトもあります。どちらが良いとは一概に言えません。作成時にテストをしてよりあなたのウェブサイトに適した方を選ぶべきでしょう。

テキスト

Eコマースサイトに載せる文章は質の高いものを載せる必要があります。商品説明であれ何であれ、簡潔で明瞭な文章が顧客の気持ちを引きつけます。以下の点に気を配ることが重要です。

言語

誤った言語で文章が書かれていてはユーザーの信用にかかわります。誤植がどれほどの割合あるのか、それを防ぐチェック体制が確立されているかも合わせてチェックすることが望まれます。

書式

書式が統一して構成されていなければユーザーに読みにくさや不快感を与えてしまいます。フォントが統一されているか、文字サイズがばらばらになっていないかなどをチェックする必要があります。
他にも注意事項として以下が挙げられます。
・用語をそろえる
・漢字・仮名づかいをそろえる
・数字・単位の用法をそろえる

文体

商品説明ではあまり堅苦しい言葉づかいや難しい語彙の選択は避け、生き生きとした文体での作成を心掛けましょう。
ただし以下のような例外もあります。
・見出しは、本文と文体が異なっていてもおかしくない
・箇条書きの中は、本文と文体が異なっていてもおかしくない。ただし、1つの箇条書きの中では1つの文体にそろえる
・引用文のような挿入された文章は、本文と文体が異なっていてもおかしくない

画像

画像はEコマースサイトに活気とを与え、イマジネーションを刺激します。どのようなことを考えてウェブサイトに画像を利用すべきなのでしょうか。

画像の量

たくさんの画像を使って視覚に訴えるレイアウトにするのがいいか、少しだけ画像を加えるのがいいか一概には言えません。これに関しても検証する必要があります。

画像のサイズ

以前はインターネットの速度の関係から大きなサイズの画像は敬遠されていました。こうした環境は改善され、多くのユーザーは大きな画像を好むようになっています。

画像の拡大と回転機能

自分のウェブサイトを利用する人が画像の拡大機能や回転機能を求めているのか把握しているでしょうか。それが求められる商品もあればそうでない商品もあるということを理解しておかなくてはなりません。

行動のきっかけ

ウェブサイトには行動のきっかけ、つまりユーザーが購買を決断する仕掛けを作っておくことが必要です。

今すぐ購入ボタン

「今すぐ購入ボタン」をどこに配置すべきでしょうか。Amazonは購入プロセスを簡素にすることで後述するカート放棄率を下げようとしてます。「今すぐ購入ボタン」を効果的に設置すれば売上は伸びるでしょう。

ショッピングカートの放棄率を低下

せっかくユーザーがショッピングカートに入れても決済まで到達しない場合もあります。この割合を減らすためには素早く簡潔な決済プロセスを構築する必要があります。そのためにはどうすればいいでしょうか。購入途中のユーザーにさらに商品を買わせようと画面を提示するのはやめ、シンプルな決済プロセスにするべきです。

メルマガ登録

メルマガ登録が重要なのはネットメディアに限ればメルマガが最も受注効率が高いと言われるからです。あなたのウェブサイトがメルマガを配信しているのであれば、メルマガ登録を促す工夫がなされているかチェックする必要があります。
メルマガ登録を増やす方法についてはこちらに詳しい記事が記載されています。
http://web60.co.jp/mlm-2.html

これらは基本的なチェック項目であり、実際にはより様々な項目を考慮する必要があります。何より扱う商品によってユーザーも購買行動も異なることを理解しなくてはなりません。そして何があなたのサイトにとってベストか検証を続けることが最も大切なことと言えます。

この記事はEcommerce TestingをOrange Blogが日本向けに編集したものです。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ORANGE MA
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
店舗スタッフの動画投稿から販売につなげる動画コマース「TIG commerce(ティグコマース)」
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る