• このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーW杯の日本代表が、決勝トーナメント進出を決めるなど健闘を見せています。
それによる「特需」もあちこちで見られているようです。

日本代表2010ユニフォームの販売数が、開幕前の一日あたりの平均販売数の15倍になっているようです。
特にデンマーク戦でゴールを決めた本田圭佑選手が使っているスパイク「ウェーブ・イグニタス・エムディー」は、今では品薄状態となり、急遽増産を決定するなど、関連商品の物販において特需にわいているようです。

「特需」が発生した際に、いかに関連商品をうまく「特需」の波に乗りたいところです。

ただし、注意が必要なことは特需はあくまで特需ですので、一次的な波でしかありません。
特需をあくまで「きっかけ」ととらえ、新規ユーザに認知をしてもらい、そこからファンをどれだけ増やせるのかが重大なポイントです。
特需に乗れる部分では乗っかり、踊らされないようしたいものです。

今日もこれからパラグアイ戦です。
更なる特需があるのかないのか、試合観戦が楽しみです。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ORANGE MA
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る