貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。 貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECショッピングモールに出店するメリットやデメリットを解説!独自ECサイトとの比較も

出店にあたって、ECショッピングモールが良いのか、独自のECサイトで始めるのが良いのか、迷っている人も多いかと思います。
どちらにもメリット・デメリットがあり、事業規模や運営方針によって選択は変わってきます。ぜひ参考にしてみてください。

■自社ECサイトのメリットとデメリット

  • ランニングコストが安い
  • オリジナリティーのあるサイト構築(独自ドメイン)、マーケティングが可能
  • サイト作成にコストがかかったり、集客が上手くできないことも多い

■ECショッピングモールのメリットとデメリット

  • 知名度があるので集客力が高い
  • テンプレートがあるので、簡単に出店可能
  • ランニングコストが高い(利用料・追加サービス料・売上比例課金など)
  • 価格競争が苛烈な反面、オリジナリティーを出して勝つことが難しい

今回は、特にそれぞれのメリットやデメリットに焦点を当てて、詳しく解説していきます。
事業規模に応じた独自ECサイトの作成方法についても紹介しています。

自社ECサイトとショッピングモールの特徴を比較

まずは、独自ECサイトとショッピングモールの特徴について、比較した表を以下に掲載します。

自社ECサイトのメリット

独自のECサイトで出店するメリットは、ランニングコストが安いことが第一に挙げられます。大手のショッピングモールといえばヤフーショッピングやアマゾン、楽天市場などがありますが、これらは、モールの使用料がかかってくるため、ランニングコストは高くなりがちです。

SEO(コンテンツなど)、SEM(リスティング広告)、メルマガ、アフィリエイト、リマーケティングなどのディスプレイ広告、こういったことを自社ECサイトでは独自に、かつ、自由に実施することができます。独自のブランディングによって集客を実行したいのであれば、独自ECサイトのほうが良いでしょう。

かつては、自社ECサイトというと、出店に莫大な費用がかかるイメージがありました。しかし、今では月額数千円で利用可能なASPサービスも充実しているため、予算が少ない状態でもECサイトをオープンしやすくなっています。また、サイト構築のパッケージサービスを提供する企業も増えており、デザイン性やオリジナリティの高いネットショップを自社ブランドで展開することも可能です。
このように独自ECサイトの作成は、今では以前よりも容易にできるようになっています。

ショッピングモールのメリット

ショッピングモールに出店するメリットは、特に集客力が高いことにあります。独自のECサイトの場合、扱う商品にブランド力がない限りは、集客に苦労することが多いです。逆に既に全国的に知られているような商品を扱う場合には、自社ECサイトのほうが良い場合もあるわけです。

集客ノウハウが蓄積されていない場合には、ショッピングモールのほうがおすすめです。初心者により利用しやすいのが、ショッピングモールだといえます。

ショッピングモールでは、簡単な手続きで出店することが可能です。それこそ、自社ECサイトよりも遥かに安く、短時間で出店を完了することができます。既に準備されているCMSにしたがって作成することで、ホームページを作成したことがない方でも、簡単に構築させられます。

顧客もモール全体で共通の情報を使うことができます。店舗ごとに個人情報を入力する必要がないという点で、顧客の負担も軽減されています。

独自ECサイトのデメリット

集客の難易度が高い

ブランド力のある商品を取り扱っているわけでもないかぎり、かなり集客が難しいと言われます。リスティング広告などを使うにしても、費用がかかってきます。
リスティング広告やFacebook広告などに予算を投入し、流入を促すのが通常のやり方と言われます。
また、自社でコンテンツを作成し、SNSで拡散させるなど、地道な活動が必要になります。

サイト構築が難しい

サイト作成に時間がかかったり、費用が多くかかります。ただし、比較的に安価なASPを選定して、かつ、ワークフローを当該ASPの範囲に納めることによって、大幅にコストを削減することが可能です。

ただし、規模によっては、ASPの範囲での業務展開がコンパクトすぎると感じることもあるでしょう。そういった場合には、パッケージサービスを自社に合わせてカスタマイズしていくのがおすすめです。

ショッピングモールのデメリット

各種サービス利用料の負担が大きい

モール全体のオリジナルのポイント、アフィリエイトの料金、メルマガなどのオプション利用料金が、大きな負担になる利用者も多いです。こういった利用料金は、大きなモールになるほど、高額になる傾向があります。

価格競争が激化しやすい

同じ商品を扱っている業者が一覧で表示されるために、最安価格をめぐって競争に陥りやすく、利益率が低くなる恐れがあります。

オリジナリティを出しにくい

ショッピングモールでは、それぞれのショップで、テンプレートが用意されているために、なかなかオリジナリティーを出しにくいことがデメリットになります。価格競争が激しい一方で、オリジナルの要素を打ち出して他の業者より優位に立つ、というアクションを取りづらい側面があります。
このことも、価格競争の陥りやすい原因の1つとなっています。

顧客リストはモール管理

ショッピングモールですと、顧客情報がモール側で管理されていて、自分からはアクセスすることができません。顧客リストの所有者は、あくまでモール側。顧客リストを使った囲い込みができません。
そのため、顧客リストを利用したマーケティングが困難です。

自社ECサイトの作成方法3つ

1.フルスクラッチ

大規模なECサイトを作りたいという事業者に向いている作成方法です。0からサイトを作成していきます。自社のシステムに合わせたサイト作りが可能です。
数ある作成手段のなかでも、特にコストと時間がかかるものになります。また、ASPとは異なり、システムが自動で更新されることはありません。定期的なアップデートを自社で行わなければなりません。

メリットは、自社に合わせた好みの条件でサイトを作成できることと、仕様変更にも柔軟に対応することができる点です。
デメリットは、大きなコストと、多くの時間が必要になることです。

2.パッケージ

年間1億程度の売上を目指す中規模の会社が採用するのに適した作成方法です。パッケージには、ECサイト運用に大事な機能が最初から詰め込まれています。標準装備の機能だけで、サイトを作成することもできます。さらに追加でカスタマイズをすることが多いです。

メリットは、フルスクラッチよりも安価に、短時間で作成できること。デメリットは、カスタマイズをすると、費用が高くつくこと。また、やはりシステムが古くなるので刷新が必要なことです。

3.ASPサービス

非常に安く、短時間でECサイトの立ち上げが可能です。特にサイト作成の経験がない方でも、容易に独自ドメインを取って作ることができます。ASPによって条件に違いはあります。無料でサイトを運用できるところもあります。
メリットは、やはり安く、短い時間で簡単にサイト構築できること。システムが古くならないので、アップデートに費用がかからないこと。
デメリットは、カスタマイズができないこと。大規模、あるいは中規模のECサイトには適していません。

参考:【徹底解説】ECサイト構築4つの方法と成功の4法則「Orange EC」

まとめ

ショッピングモールや、自社ECサイトのメリットやデメリットをみてきました。どちらも一長一短で、一概にどちらが優れているということはいえません。事業の規模や予算、運営方針に応じて、最適なものは変わってきます。自社ECサイトの構築方法も変わるでしょう。

最近では、モールも独自サイトも両方利用する会社が多くなっています。両方のメリットやデメリットを相互補完する形で、利用しているわけです。

PR:ECサイト構築パッケージ「Orange EC」はモール型、単店舗型、オムニチャネル対応など様々なタイプのECサイトが構築できます

>>お問合せはこちらから

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る