• このエントリーをはてなブックマークに追加

SaaSとは?ASPとSaaSは違う!PaaS、IaaS…クラウドに関連するキーワードを一気に解説!

ビジネスでもプライベートでも、昨今ではもはや当たり前となりつつあるクラウドコンピューティングですが、いまいち理解に時間がかかってしまいがちなのがASPやSaaS、PaaSといったクラウドコンピューティングに関連するアルファベットのキーワード群です。

シンプルに一言で表現されるものはいずれも重要なキーワードであることが多いのにもかかわらず、聞きなれない単語とその意味についつい惑わされてしまう人も決して少なくありませんが、今回はそんなクラウドを取り巻くワードの一つである「ASP」に注目し、その意味や他の単語との違いについてご紹介していきます。

  • クラウドコンピューティングが生んだサービスとASP
  • ASPとSaaSの違い
  • ASPを利用するメリットとデメリット

ASPとクラウド

ASPは「Application Service Provider(アプリケーションサービスプロバイダー)」の略称で、要するにインターネットを介してソフトウェアを、あるいはソフトウェアが動作する環境を提供する業者(もしくはビジネスそのもの)のことを指しています。

クラウドコンピューティングという言葉がメジャーになる程クラウド型アプリケーションが多くリリースされ、かつ利用者も増えてきたことで、このASPというビジネスは近年多くの企業が実践しているモデルでもあります。

クラウドコンピューティングの概要

ASPそのもののメリット・デメリットや他のキーワードとの違いに触れる前に、念のためクラウドコンピューティング、通称クラウドについてもおさらいしておきましょう。

クラウドはアプリケーションを所有せずとも、インターネットを介してアプリケーションを利用することができるというもので、その利便性からもはや現代のアプリケーション利用のスタンダードとなりつつある技術です。

これまでは何らかのアプリケーションを利用したい場合、それをパッケージとして購入した上で使用するPCに直接インストールする必要があったため、アプリの利用にある程度のコストが伴うというのが一般的でした。

一方クラウドでアプリケーションを利用する場合、利用者はアプリをインストールするのではなくインターネット経由でライセンスを取得し、アプリを利用するという形式になるのです。アプリを「丸ごと買う」のではなく、アプリを「利用する権利を買う」というとイメージしやすいでしょうか。そのため料金体系も一括購入ではなく、月額いくらといったサブスクリプション形式がクラウドサービスでは一般的です。

ASPはクラウド経由で提供される

購入の手間やコストが省けるということで利用者には何やらメリットの多そうな仕組みですが、クラウドというシステムはASP側、つまりクラウド経由でサービスを提供する側にも大きなメリットとなります。

例えばクラウド形式でのサービス展開の場合、パッケージ版のように違法なダウンロードで自社アプリケーションを利用される心配がないという点です。あくまでも利用者は運営元の配信するサービスを、ライセンス料を払うことで借りることができるだけですので、完全にアプリの全てをダウンロードして我が物にしてしまうことはできません。

クラウドサービスがもたらすASPとユーザーへのメリット

そのためクラウドは不正サービス利用者対策にも有効です。
ASP側は最新かつ安全なクラウドサービスを提供するための管理コストを負担する必要はあるものの、各企業のサービス環境をある程度自社で管理することができます。
カスタマーサポートを効率よく行えますし、アプリケーションのライセンスのみをユーザーに与えることで、不正なサービス利用を防ぐことができます。

あるいは利用者にとっては一括購入ではないぶん初期費用を抑えられるため、サービス利用のハードルを大きく下げてユーザーの拡大につなげやすいのもクラウドのメリットと言えるでしょう。
クラウドサービスの導入は特別な技術も必要なければ特殊な環境も必要なく、ネットワークに接続していれば常に最新のサービスを受けることができるのはユーザーにとっても大きなメリットです。
セキュリティなどのシステム保守・管理コストも削減できるため、コストを抑えたビジネスを展開したい場合にはクラウドサービスは最適の選択肢の一つにはいるでしょう。

クラウドコンピューティングの仕組みと、クラウド経由でサービスを配信するASP。この二つの違いはこれで整理できたのではないでしょうか。

ISPについて

ちなみにASPと似たような言葉でISPというものもあります。これは「インターネットサービスプロバイダー」の略称で、いわゆるインターネット回線の提供事業者を指しています。クラウドコンピューティングに直接関連しているわけではないですが、ASPと紛らわしいことやインターネット関連のキーワードであることから、混同されがちですので、その点は区別しておきましょう。

SaaSとPaaS、IaaSについて

ASPと並べて紹介される言葉の一つに、SaaSというものも存在します。そしてSaaSに似た言葉としてPaaSやIaaSというものもあるのですが、この章ではこれらのキーワードを整理していきます。

SaaSとASPの違い

まずSaaSですが、これは「Software as a Service」、つまりサービスとしてのソフトウェアの略称で、クラウドで提供されるソフトウェアのことを指しています。

ASPはクラウド経由でサービスを提供する事業者やビジネスモデル、SaaSはその事業者やビジネスの中で提供されるソフトウェアのことなのです。

最近ではASPとSaaSを混同して使われることも多いようですが、厳密には上記のような違いがあることは覚えておくと良いでしょう。

PaaSとIaaSについて

そしてSaaSと似たキーワードであるPaaSやIaaSもクラウド経由で提供されるサービスのことを指しており、PaaSは「Platform as a Service」、つまりソフトウェア開発用ミドルウェアの提供サービスで、IaaSは「Infrastructure as a Service」ということで、PaaSよりもさらに自由度と専門性の高いプラットフォームの開発環境をサービスとして提供するものを言います。

SaaS、PaaS、IaaSはいずれもクラウドを通じて提供されるサービスであるという点では共通していますが、そのサービス内容の違いで分類されており、SaaS<PaaS<IaaSの順に専門性と自由度が高いということができるでしょう。

例えば私たちが一般的に利用する、いわゆるDropboxなどのオンラインストレージサービスはSaaSに分類されます。PaaSやIaaSは基本的にエンジニア向けのクラウドサービスであるため、SaaSが三つの分類の中では最もポピュラーなクラウドコンピューティングであると言えるでしょう。
SaaS・PaaS・IaaSはクラウドサービスで、ASPはそれらを提供する事業者、そしてインターネットはISPによって提供されていると整理することができれば、これらのキーワード群がでてきたとしても悩むことはないでしょう。

ASPを利用するメリットとデメリット

日々インターネットを介してASPが提供するクラウドサービスは便利な側面もあれば、従来のパッケージ版に比べて不便に感じることもあります。ASPの利用に関するメリットとデメリットについてもある程度整理しておきましょう。

ASP利用のメリット

ASP利用のメリットとしては、やはり上述した通りコストの削減は大きな特徴です。定額ライセンス料で初期費用を大きく抑えられることは、予算に余裕がない事業者には多大な恩恵となるでしょう。
加えてアプリケーション利用のためのシステム構築の手間も従来に比べて少なく、サーバーなども用意する必要がないのは金銭的なコストだけでなく時間の節約にもつながります。

そしてシステムの管理は自社ではなくASP側で行ってくれるため、維持のためのランニングコストも比較的抑えられるのは重要なポイントとなるでしょう。
システム管理コストをほぼ予算に計算する必要がなくなるのは大きな特徴です。

ASP利用のデメリット

一方で、ASP利用にはデメリットもある程度伴います。まずクラウドサービスはアプリケーションを購入するわけではないので、アプリケーションを自社好みにカスタマイズできない点は注意が必要です。

加えてインターネットを経由することが前提となるため、ストレージサービスのようなデータのやり取りが多いサービスの場合は、使い勝手がインターネットのコンディションに大きく影響することは留意しておきましょう。

また、データの管理ももちろんASP側のサーバーで行われるため、自社で管理しておきたい機密性の高いデータなどは、場合によっては自社で管理した方がセキュリティ上安全であることも考えられます。
ただASP側もサービス提供のプロフェッショナルであるため、個人レベルのセキュリティよりもはるかに高いレベルで機密性の保持に努めていることが一般的であるため、思い切ってデータの管理は全てASPに任せてしまうのも良いでしょう。

ASPの利用は一長一短を見極めて、自社にとって最も都合の良いやり方で活用するように心がけましょう。

PR:ECサイト構築パッケージ「Orange EC」ではお客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

>>お問合せはこちらから

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
Orange ECの「VRコマース機能」
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る