• このエントリーをはてなブックマークに追加

「Yorimodos -ヨリモドス-」で休眠顧客にアプローチ。既存顧客の活性化を狙う

 AIを活用したマーケティングオートメーションプラットフォームを展開する株式会社ピアラは、自社の保有する統合マーケティングオートメーションツール「RESULTMASTER」を介して、休眠顧客を分析し、メール及び電話でのアンケートにて、アクティブユーザーに戻す成果報酬型プラン「Yorimodosu -ヨリモドス-」の提供を開始すると発表しました。

 「Yorimodosu -ヨリモドス-」はメールや電話のアンケートで休眠しているユーザーの声を聞き、今後の休眠化を防ぐためのサービス改善を提案するとともに、ユーザーへ商品特性を再度アピールする機会とし、再注文を獲得する成果報酬型のプランです。

 休眠顧客の状況やインサイトを把握し、クリエイティブ等のパーソナライズを図ることで、最適化された接客が可能となります。また、アンケート後のアクション次第では、CVR(獲得効率)が一気に上がる傾向もあります。

 これにより、通販事業などで会員リストを保有する企業は、休眠顧客のアクティブユーザーへの引き戻しが可能となり、顧客資産のさらなる活性化を図ることで、LTVの向上が期待できます。

「一定期間購入していない」休眠したユーザーへアプローチ

 通販事業者においては、新規顧客獲得効率の悪化から、既存会員へのCRM強化という方針を強化するケースも増えてきました。CRMの中でも「一定期間購入していない」休眠したユーザーへは、施策の手が回っていないという企業が多いのが現状です。

 通販事業において売り上げ向上ためには、新規顧客を増やすか、既存顧客を活性化させることしかありません。新規ユーザー1名を獲得するコストは年々増加傾向にある中で、「Yorimodosu -ヨリモドス-」を利用してアンケートデータを集め、休眠顧客にアプローチする方法は非常に効率の良い営業手法だと言えそうです。

参考:ピアラ、休眠顧客をアクティブユーザーへ戻すサービス「Yorimodos -ヨリモドス-」をリリース
https://eczine.jp/news/detail/5415

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ORANGE MA
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る