• このエントリーをはてなブックマークに追加

大企業向けBtoB ECの極意!エンタープライズ成功のポイントを3つ解説します

「大企業に向けたBtoB ECってどうやったら売上が上がるんだろう…」

と思っている方。

エンタープライズ向けのBtoB ECとは、大規模な企業に向けたEC事業で、うまくいけば安定して大きな売上を生み出すことが可能です。

とはいえ、具体的にどのようなアクションを取るべきかはわかりにくいですよね。

そこで、この記事では、

の順に、BtoB ECのエンタープライズについて解説します。

大企業向けのBtoB ECというと難しく感じるかもしれませんが、おさえるべきポイントは多くありません。

まずはこの記事で、BtoB ECのエンタープライズを成功させるコツをつかみましょう!

そもそもエンタープライズとは

そもそもエンタープライズとは、中規模より大きな企業向けのビジネスです。BtoBビジネスの中でも規模が大きなビジネスを指します。

BtoBやBtoCの違いについて知りたい方は「ECに役立つビジネス用語「BtoB」「BtoC」「BtoE」「BtoG」「CtoC」「GtoC」」をご一読ください。

BtoB ECにおけるエンタープライズのメリットは

  • 人件費などのコストを削減できる
  • 入力の手間を少なくできる
  • キャッシュフローの流れが早まり、収益がアップ

です。手作業での注文をEC化することによって手間や時間を減らしつつ、売上アップにつなげることができます。

次は、BtoB ECのエンタープライズを成功させるためのポイントについて解説します。

BtoB ECのエンタープライズ(BtoB EC事業)を成功させるためのポイント3つ

BtoB EC事業を成功に導くためには、

  1. ターゲットをはっきりさせる
  2. 自社で行っている業務を整理する
  3. 基幹システムとECサイトを連携させる

の3つが大切です。

1. ターゲットをはっきりさせる

まず、ECサイトのターゲットをはっきりさせます。例えば、ECサイトがすでに契約がある法人向けなのか、見込み客をとらえる目的なのかによって、

  • 売掛金の管理をするのか
  • 決済方法の数はいくつにするか
  • ネット上に広告は出すのか

などが変わります。「自社のECサイトはどんな法人向けに作っているのか」をはっきりさせましょう。

2. 自社で行っている業務を整理する

ECサイトにおいて、自社で行っている業務を整理することも必要です。というのも、エンタープライズ向けのECサイトは自社で営業やオペレーターが行っていた業務の一部をサイト上で代わりに行います。

そのため、自社の業務フローがわかっていないと、同じ業務を2回してしまうことになりかねません。

商品を販売する上での業務フローをはっきりさせて、ECサイト上で取引があってから、人力で何をすべきなのかをはっきりさせましょう。

3. 基幹システムとECサイトを連携させる

多くの企業では、基幹システムで在庫や受発注のデータ管理をしています。

今は営業やオペレーターが基幹システムのデータを変更しているかもしれません。そこで、基幹システムとECサイトを連携させることでデータ管理にかかる手間と時間を減り、結果として販売などの重要な業務にリソースを割くことが可能です。

次は、BtoB ECのエンタープライズに役立つツールを紹介します。

BtoB ECのエンタープライズを成功させる便利ツール

ここからはBtoB ECのエンタープライズに便利なツールを、

  • Orange EC
  • CloudEC
  • Criteo

の順に見ていきます。

実店舗との連携も視野に!大規模ECサイト構築フレームワーク「EC-ORANGE」

大規模ECサイト構築フレームワーク「EC-ORANGE」は、

  • 高い拡張性で多種多様なサービス組み合わせが可能
  • 基幹システムとの連携ができ、オムニチャネル化を支援
  • プライベートクラウド構築実績に自信あり

などの特徴があります。実店舗連携をしたい、大規模BtoB ECサイトを構築したい企業様におすすめです。

スピーディなECサイト構築なら「CloudEC」

CloudEC」はその名の通り、クラウド上でECサイトを構築できるサービスです。

ECサイトをスピーディに構築でき、かつシステムとの連携やカスタマイズが柔軟にできるので、今すぐにでもECサイトを立ち上げたい方におすすめです。

https://orenocloud.tokyo/sol/cloudec.html

お客様に合わせた広告を出して、CV率を上げる「Criteo」

Criteo」は、来訪履歴や購入履歴に応じて、ユーザーごとに最適な商品をおすすめできる広告ツールです。

お客様ごとに最適な広告を出して、そこから商品ページに直接アクセスしてもらうことができるので、他の広告と比べて購入までの流れがスムーズという特徴があります。

https://www.criteo.com/jp/

次は、BtoB ECのエンタープライズにおける成功事例3つを紹介します。

BtoB ECのエンタープライズにおける成功事例3つ

ここからは、

  1. モノタロウ
  2. ミスミ
  3. アスクル

の順に、エンタープライズ向けBtoB ECの成功事例を見ていきます。

1. モノタロウ

モノタロウは製造や工事などの現場で使う工具や燃料などのいわゆる間接資材を扱うBtoB ECサイトです。業界では「工場のAmazon」と呼ばれるほどの品揃えで、お客様のニーズを満たしています。

取り扱う商品数は1500万点を超えており、かつ品番で商品が探せるなど検索のしやすさも長所です。

https://www.monotaro.com/

また、佐賀大学の本庄キャンパス内に「モノタロウAIストア」をオープンして話題となりました。リテールテクノロジーを活用した事業展開に注目が集まります。

2. ミスミ

ミスミは精密機械の部品や工具などを扱いECサイトです。ミスミ社は部品のメーカーでありますが、他社の製品も取り扱うことでECサイトとしての利便性を追求しました。

その結果、業界でもトップクラスの売上を誇っています。

https://jp.misumi-ec.com/

3. アスクル

ペンやコピー用紙など会社の事務用品を販売するアスクルは、BtoB ECの先駆けと言えるサイトの1つです。

これまで電話やFAXなどで行っていた文具や消耗品の注文をEC化。文房具屋などの店舗もアスクルの流通システムに組み込むことで、既存の市場を壊すことなく事業を拡大したのが特徴です。

https://www.askul.co.jp/

ポイントをおさえて、売上が安定して上がるBtoB ECサイトに!

ここまで、BtoB ECのエンタープライズについて、成功のポイントや事例をまとめました。

おさらいすると、エンタープライズとは「中規模より大きな企業向けのビジネス」です。

そして、BtoB ECのエンタープライズを成功させるポイントでは、

  1. ターゲットをはっきりさせる
  2. 自社で行っている業務を整理する
  3. 基幹システムとECサイトを連携させる

の3つを紹介しました。そして、BtoB ECを成功させるためのツールとして、

  • 実店舗との連携も視野に!大規模ECサイトを構築できる「Orange EC」
  • スピーディなECサイト構築なら「CloudEC」
  • お客様に合わせた広告を出して、CV率を上げる「Criteo」

を解説しました。最後に実際の成功事例として

  1. モノタロウ
  2. ミスミ
  3. アスクル

の3つをお伝えしました。

エンタープライズ向けのBtoB ECサイトを運用するさいは、まず「ターゲットはどのような企業、団体なのか」をはっきりさせることからはじめてみてください。

PR:大規模ECサイトなら「EC-ORANGE」。お客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

この記事を書いた人
佐々木ゴウ

大手Sierや、ECコンサルティング会社での経験を活かし、ファッションや食品などの各種商品ジャンルから、バックオフィス、ITインフラ系まで幅広く執筆が可能。webライティングの講師や、メディアコンサルティング、採用系メディアの編集長なども請け負っている。趣味は盆栽。

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ORANGE MA
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る