貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。 貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年のインスタグラム(instagram)マーケティング

  • インスタグラム(instagram)のMAUは全世界10億人を突破、各社はさまざまなマーケティング戦略を展開している
  • ハッシュタグやリポストといった要素を使って効果的なマーケティングを実現
  • 2018年最新のインスタグラム(instagram)マーケティング事例を掲載

いまさら聞けないインスタグラム(instagram)マーケティング

インスタグラム(instagram)マーケティングを展開する上で知っておきたい用語や効果的なハッシュタグの使い方、2018年最新のマーケティング事例についてまとめました。

インスタグラム(instagram)マーケティングとは

インスタグラム(instagram)マーケティングは、Webマーケティング手法のひとつです。企業のブランディングおよび商品の認知拡大、販売をおこなうためにインスタグラム(instagram)上でおこなうプロモーションをさします。
インスタグラム(instagram)公式ページは、2018年6月にMAU(Monthly Active Users/月間アクティブユーザー数)が10億人を突破したことを発表しました。なお、そのうち日本国内のMAUは2000万人といわれています。さまざまな企業がこの莫大なユーザー数に注目し、今後も増え続けるインスタグラム(instagram)ユーザーへ向けた戦略を展開しています。

インスタグラム(instagram)広告に向いているもの

インスタグラム(instagram)広告に向いているのはコスメやアパレル、食品、およびそれらを扱うECサイトです。
コスメやアパレルは多くのフォロワーをもつインスタグラマーの協力を得て宣伝することもあります。インスタグラマーのメイク動画やアパレルアイテムを身につけた写真を見て、フォロワーに「素敵」、「欲しい」と感じさせるのが目的です。

またインスタ映えという言葉が流行するように、インスタグラム(instagram)では写真映えするフォトジェニック(インスタジェニック)なアイテムが人気を集める傾向にあります。そのため、見た目がおしゃれな食品はインスタグラム(instagram)広告を効果的に活用できるといえます。

Web広告担当者が知っておきたいインスタグラム(instagram)用語

気軽におしゃれな写真が投稿できるインスタグラム(instagram)ですが、マーケティングツールとして活用するためには基本的な用語をきっちりおさえておくことが必要です。Web広告としてインスタグラム(instagram)を活用するために知っておきたい用語を挙げました。

インスタグラマー

フォロワーが多く、大きな影響力をもつユーザーのことです。現代におけるインフルエンサーのひとつで、商品を紹介すると大きな波及効果があるため、企業が彼らに広告を依頼することも当たり前になりつつあります。
食品や料理に特化したインスタグラマーはデリスタグラマー、子育てに特化したインスタグラマーはママスタグラマーとも呼ばれています。

ストーリー

タイムラインとは別に、写真や動画を投稿できるのが「ストーリーズ(ストーリー)」です。ライブ配信も可能で、投稿後24時間で自動的に消去されるという大きな特徴があります。
ストーリーはティーン世代の利用がもっとも多く、タイムラインに載せるほどではないささいな日常を投稿するために活用している例が多く見られます。
ストーリーを効果的に使ったマーケティング事例は、後ほど紹介します。

ポスト/リポスト

投稿はポスト(Post)と呼ばれます。
また、第三者が提供しているアプリを使って、別のユーザーの投稿を再投稿もしくはシェアすることもおこなわれています。再投稿はリポスト(Repost)といいます。インスタグラム(instagram)にはツイッターやフェイスブックのようなシェアボタンがありませんが、リポストによって一般ユーザーが投稿している商品への口コミを企業がシェアすることができます。

リポストについては下記のDLページも参考になさってみてください。

・Repost for Instagram(iOS)
https://itunes.apple.com/jp/app/repost-for-instagram/id570315854?mt=8
・Repost for Instagram(Android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.redcactus.repost&hl=ja

リポストを使ったインスタグラム(instagram)マーケティングについての事例は、後ほど解説します。

インスタグラム(instagram)マーケティングとハッシュタグ

ハッシュタグは、膨大な投稿の中から見たいものを探すためのラベルのようなものです。マーケティングにおいて効果的にハッシュタグを用いるためには、いくつかのポイントをおさえておくと良いでしょう。

つけるべき投稿とそうではない投稿を把握する

ブランディングが目的の場合、ほかの投稿についたハッシュタグから自社の投稿へたどりつくユーザーを狙うためにハッシュタグは効果を発揮します。
反対に、投稿のリンクをクリックし外部サイトへ誘導するのが目的のダイレクトレスポンス広告や、カルーセル広告の場合は、ユーザーが投稿から離れないようにするためにハッシュタグはつけない方がベターです。

インスタグラマーと同じハッシュタグを使う

人気のあるインスタグラマーが使っているハッシュタグと同じものを自社投稿につけると、より多くのユーザーの目に留まりやすくなります。とはいえ、「カフェ」、「コーヒー」といった投稿件数が多すぎるハッシュタグをつけてもすぐに投稿が流れてしまうので意味がないこともあります。

サイズの違うキーワードを組み合わせる

SEO対策用語のひとつに「ビックワード」、「ミドルワード」、「スモールワード」というものがあります。これを羅列することで、よりその情報を欲しているユーザーで投稿がリーチしやすくなります。
例えばトートバッグを投稿する場合、

  • #バッグ(ビックワード)
  • #トートバッグ(ミドルワード)
  • #アパレル名+バッグ(スモールワード)

を併記させます。投稿件数が多く検索されやすいビックワードと、検索数が少なくてもより具体的に投稿について説明しているミドルワードないしスモールワードのハッシュタグを併記することで、ユーザーの目に留まる確率をアップさせます。
ちなみにインスタグラム(instagram)では、1つの投稿に対してハッシュタグを30個までつけることができます。

ユーザーが思わず使いたくなるキャッチーな独自ハッシュタグを作る

自社関連のハッシュタグ数は、その企業ないし商品のファンユーザーの数値と同等です。つまり、関連ハッシュタグをつけた投稿が増えれば増えるほど、エンゲージメント率(いいね!やコメントの数)もアップすることが期待できます。
思わず自分の投稿にもつけたくなるような面白いハッシュタグを作り出すことも、インスタグラム(instagram)マーケティングのハッシュタグ活用法として有効です。
ユニークなハッシュタグの事例については、次に記載しています。

インスタグラム(instagram)マーケティング事例

ここからは、実際にインスタグラム(instagram)上でおこなわれているマーケティングをみてみましょう。

【リポスト】T-FAN SITE

T-FAN SITEは、キャンペーン投稿をリポストすることでTポイントが当たる懸賞を実施していました。公式アプリにリポスト機能がついていないことを考慮してか、応募はスクリーンショットの投稿でも可としています。(2018年4月30日キャンペーン終了)

・カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 T-FAN SITE
https://fan.tsite.jp/special/repost

【ストーリー】メイベリンのコスメお試し動画

コスメブランドのメイベリンでは、商品を実際に試している様子をストーリーで公開しています。屋外で撮影するなど、写真だけでは分かりづらい商品の色味や質感を伝えるような動画が特徴です。

・Maybelline New York(メイベリン・ニューヨーク)
https://www.instagram.com/maybelline/

【ハッシュタグ】ポカリスウェット「#ポカリのまなきゃ」

ポカリスエット公式アカウントでは、「#ポカリのまなきゃ」、「#ポカリたべなきゃ」いずれかのハッシュタグをつけて投稿するとオリジナルグッズをプレゼントするキャンペーンをおこなっています。投稿数が増えるにしたがって、当選者数も増えるという参加者を増やしやすい工夫もユニークです。

* #ランニング の時は『ポ・カ・リ』 * 夏のおでかけは気をつけて! #ポカリたべなきゃ で『笑顔でおでかけ』 * #おでかけ #休日 #朝 #朝ラン #ラン #走る #海 #海辺 #海岸 #運動 #トレーニング #ポカリゼリー #4コマ * みんなの投稿がふえると、当選者数もふえる! みんなでキャンペーンに参加して、『ポカリ、のまなきゃ。』オリジナルグッズをゲットしよう! * STEP1 ポカリスエット公式アカウント @pocarisweat_jp をフォロー STEP2 夏の『笑顔でおでかけ』をテーマに 『ポカリ、のまなきゃ。』な写真や動画を撮影 STEP3 #ポカリのまなきゃ か #ポカリたべなきゃ を付けて投稿 * キャンペーンサイトは、『ポカリ、のまなきゃ。』 で検索!または @pocarisweat_jp のプロフィールからアクセス! http://pocari-nomanakya.jp * #ポカリスエット #ポカリ #夏 #水分補給 #熱中症 #ファインダー越しの私の世界 #写真好きな人と繋がりたい #キャンペーン #写真 #photo

ポカリスエット【公式】さん(@pocarisweat_jp)がシェアした投稿 -

・ポカリスエット【公式】
https://www.instagram.com/pocarisweat_jp/

まとめ

インスタグラム(instagram)マーケティングはここに挙げた以外にも、あらゆるアプローチが可能です。

ユーザーとの距離をどのように設定するか、またブランドの周知、通販サイトへの誘導などどういったことを目的に展開するかによって手法はさまざま。実際にインスタグラム(instagram)マーケティングをおこなう前に、展開方法やインスタグラム(instagram)のガイドラインをよくチェックしてみましょう。

PR:大規模ECサイトなら「Orange EC」。お客様にECサイト開発のノウハウをお伝えしています

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る