http://エスキュービズムのサービス開発事業 http://エスキュービズムのサービス開発事業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアリングエコノミーの拡大は社会にどのような影響をもたらすのか

インターネットの普及により、様々なサービスが私たちの生活に現れることによって、ライフスタイルそのものの質が向上するだけでなく、その様式が徐々に変化していることは見逃せません。
その変化の中でも、従来の生活様式とは大きく変化したものとして、シェアリングエコノミーの形成・拡大が挙げられます。これまでの考え方であれば、モノは一人一台、家も車も一人・一世帯で一つということが理想的とされており、他人と何かを共有しながら使うというのはあまり見られない様式でした。

しかしながらインターネットやスマートフォンがあらゆる年齢層にまで浸透したことにより、誰でも気軽に他人同士で連絡を取り合い、リアルタイムで情報や物品のやり取りを行えるようになりました。

これはECサイトの発展のように、BtoCにおける商品の販売を促した側面もありますが、同時に小売業者を介さない売買取引、いわゆるCtoC(消費者間取引)を促進することにも繋がったのです。

今回はそんなシェアリングエコノミーの概要や、それによる消費者心理の変化、そしてCtoCを促進するであろう現在展開されているシェアリングエコノミーに関わるサービスをいくつかご紹介します。

  • インターネットによって誕生した新しいサービス形態
  • シェアリングエコノミーの5つの形式
  • シェアリングエコノミーをめぐる社会的背景と今後の動向とは

シェアリングエコノミーの概要

そもそもシェアリングエコノミーとは、個人の資産を他人に貸し出すための仲介として存在するサービスのことを指しており、貸し出した本人は貸すことによる収入を得ることができ、借りた人は資産を借りることによるなんらかのメリット、そして仲介サービスのプロバイダーはそこに生じるマージンを得ることで成立するシステムです。

参考:総務省「平成27年版 情報通信白書」
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc242110.html

そして個人の資産といっても、必ずしも実在する物体である必要はありません。例えば英語のスキルや手芸といった技術も個人の資産として認められ、なんらかの仲介サービスを通じて技術を提供する機会があれば、それもシェアリングエコノミーの一つとして考えることができるでしょう。

そしてシェアリングエコノミーの経済規模は、年々拡大傾向にあります。上記の総務省HPに掲載されているデータによると、2013年の時点で市場規模は150億ドル、2025年には3,350億ドル規模にも昇ると推測されています。

シェアリングエコノミーの5つの形式

シェアリングエコノミー協会(https://sharing-economy.jp/ja/)によると、シェアの形式は現在5つの領域に分けられると定義づけています。

シェア×モノ

一つはシェア×モノ、つまりフリマアプリのようにモノのやり取りを促すサービスです。メルカリはその最たる例とも言え、最も成功しているサービスの一つと言えるでしょう。

メルカリ公式サイト:https://www.mercari.com/jp/

シェア×空間

二つ目にシェア×空間。つまりテナントレンタルや宿泊施設レンタルなど、場所の貸し借りを促進するサービスです。

Airbnbはシェア×空間の先駆けとも言える画期的なサービスで、現在では世界各国でサービスを利用することができます。

Airbnb公式サイト:https://www.airbnb.jp/

シェア×スキル

三つ目にはシェア×スキルがあります。これは料理や育児、習い事などを提供する側と受け手側のマッチングを促すサービスに分類されます。

ココナラはスキルシェアリングサービスとしてはポピュラーなサービスであると言えます。

ココナラ公式サイト:https://coconala.com/

シェア×移動

四つ目はシェア×移動です。車のシェアサービスであったり、タクシーなどの相乗りを促すことで、人々の移動の合理化を図るものが分類されます。

都市部で最も使われていると思われるのがタイムズカープラスです。駐車場に止まっている車を気軽に利用できるサービスは、車を持たない人たちから大きな反響を獲得しています。

タイムズカープラス公式サイト:https://plus.timescar.jp/

シェア×お金

最後の五つ目にはシェア×お金が挙げられます。お金をシェアするというのはピンと来ない方もいるかもしれませんが、例えばクラウドファンディングなど、個人でお金を分けてもらうようなサービスもまたシェアリングエコノミーの一つと言えるでしょう。

CAMPFIREは日本でもポピュラーなクラウドファンディングサービスです。

CAMPFIRE公式サイト:https://camp-fire.jp/

シェアリングエコノミーをめぐる世の中の変化

このようなサービスが次々と世の中にリリースされる中で、人々にどのような影響を与えるのでしょうか。

シェアリングエコノミーが与える影響を考える前に、まずはシェアリングエコノミーが従来の慣習に台頭してくる背景から考えていきましょう。

シェアリングエコノミー拡大の背景

シェアリングエコノミーとは、つまるところ個人で所有する、あるいはしなければならないことから生じる無駄を取り除いたり、所有している資産をより有効活用するために生まれた考え方であったり、サービスです。

このサービスが急速に拡大した背景として、

  • スマホなどのモバイル端末の普及拡大
  • 評価制度の導入により不安感を低減
  • 可処分所得の低下

といったことが考えられます。
いつでもどこでもモバイル端末を使ってインターネットにつながり、効率的に「資産」をシェアできるようになりました。
シェアリングエコノミーサービスでは評価制度を取り入れており、評価の高い「資産」を選べるため、ユーザーの不安感を低減することができます。

また、これは社会的な問題ともいえますが、可処分所得が下がったことによって、大型資産を所有するよりもシェアリングエコノミーを利用した方が経済効率がよい、と判断する人が増えてきました。

こうした背景からシェアリングエコノミーは拡大しつつあるのです。

シェアリングエコノミーと今後の影響

そしてシェアリングエコノミーの拡大は、個人と他人の線引きをより曖昧にさせていくことにもなるでしょう。
今や10代の若者でさえ、気軽にフリマアプリで不用品を売買していますし、車も免許だけ手に入れたら、あとは必要に応じてカーシェアリングサービスを利用するのが都市部では当たり前になりつつあります。

あるいはネットの情報に対する信頼感が強まり、さらに気軽にネットサービスやECサイトを利用するようになるかもしれません。スマホに表示される動画像やテキストのみでサービス利用者はその良し悪しを判断し、それが生活の一部となれば、CtoCだけでなくBtoCの利用促進という効果も期待できます。

シェアリングエコノミーが身近になることで、インターネットに対する警戒心が薄れ、情報の読み取り方、つまりネットリテラシーも向上し、結果的には小売業界にも良い影響を与えることになるのではないでしょうか。

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
オンライン、オフラインをまたがり、技術を掛け合わせ、新たなマーケティング領域へ
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る