貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。 貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECとは。Eコマースの概要から事業として成功させるポイントまで徹底解説します

「ECに興味はあるけど、そもそもECってなんなのだろう?」

と思っている方。

ECとは「インターネットを使った商品の販売方法」です。これにより店舗を持たずに、多くの人に対して商品をアピール、販売できます。

とはいえ、ECは専門用語も多くてわかりにくいですよね。

そこで、この記事では、

を、お伝えします。

ECサイトには細かな違いがありますが、大枠をつかむのは簡単です。まずはこの記事で、ECについてざっくり理解しましょう。

そもそもEC(Eコマース)とは

EC(electrical commerce)とは、電子商取引のことです。簡単に言うと、インターネット上での物の取引をECと呼びます。

ECサイトは、取引をする人や団体によって以下の3つに分けられます。

  • 企業と企業の取引:BtoB EC (例:モノタロウ)
  • 企業と個人の取引:B to C(例:Amazonなどのネットショップ)
  • 個人と個人の取引:C to C (例:メルカリなどのフリマアプリ)

続いてECと、ECと似ている言葉「EDI」の違いを紹介します。

ECとEDI(電子情報交換)との違い

ここからは、EC(電子商取引)とEDI(電子情報交換)の違いについて紹介します。同じインターネットに関する言葉ですが、それぞれが指している物に違いが。

まずECは、先ほど述べた通り電子商取引を指しています。一方EDIが指しているのは、インターネット上での情報交換に用いられる技術。

EDIを使えば、例えば取引者どうしで注文データを交換できるようになり、結果として注文書の作成がいらなくなります。

つまりECはインターネット上での取引、そしてEDIはECの中での技術と考えるとわかりやすいかと思います。

スマホの普及にともない「Mコマース(MC)」が主流になりつつある

Mコマース(mobile commerce)とは、スマホやタブレットからインターネットにアクセスし、ECのように物の売買をすることです。

つまりECの中で、スマホやタブレットを使って行われるものが、Mコマースです。ECと同じように省略してMCと呼ばれることもあります。

例えばスマートフォンから本やコンサートのチケットを買うのは、Mコマースの一例です。

スマホを使っている人そのものが増えていること、また思いついたときにすぐ買える便利さから、MコマースはECの主流になりつつあります。

ECを事業として行うメリット

事業としてのECには、以下3つのメリットがあります。

  • 店舗では不可能なニーズをキャッチできる
  • 店舗がなくても出店でき、世界展開も可能
  • お客さまの情報や購入データを集めることができる

1.店舗では不可能なニーズをキャッチできる

ECは、店舗では満たせないニーズを満たすことができます。そのニーズとは、例えば以下のようなものです。

  • 家具を買いたいけど、持って帰るのが大変
  • 好きな時間に買い物がしたい
  • 田舎に住んでるけど、買い物の支払いを全部カードですませたい

これらのニーズをECで満たすことにより、販路の拡大や利益の向上が期待できます。

2.店舗がなくても出店でき、世界展開も可能

ECを始めるにあたり、実店舗を持っている必要はありません。というのも、商品の売買はインターネット上での取引で済むから。

例えばフリマアプリで商品を売っている人は、多くが一般人、つまり店舗を持っていない人です。

店舗を持つ必要がないため、家賃などのランニングコストを削減できます。

またECサイトでは、インターネットによる世界展開も不可能ではありません。例えばAmazonで売られている商品の中には、海外から発送されるものもあります。取引がインターネット上で完結するので、相手が海外にいても売買ができるのです。

翻訳などの手間もかかりますが、より多くの人に買ってもらう可能性が増えるのは嬉しいですね。

3.お客さまの情報や購入データを集めることができる

ECサイトでは、「誰が何を買ったのか」という情報を集めることができます。

例えばECサイトをはじめて利用するとき、氏名や住所、生年月日を入力することが多いですよね。このときECサイトの運営者は、これらの個人情報を取得しています。

この個人情報と購入履歴を組み合わせれば、例えば東京の20歳男性がこの洗剤を買った、といった情報を得ることができるのです。

ECサイトでは、こういったお客さまの情報を集めることができます。そして集めた情報によって、効果的なマーケティングができるようにも。

例えばデータによって「洗剤に反応しやすい層」を特定し、その層に向けてのみ、新発売の洗剤に関するお知らせメールを送る、というマーケティングを行えます。

続いては、ECの形態を目的別に紹介します。

目的別ECサイトの形態5つ

目的別に、ECサイトは以下の5つに分けられます。

  1. 自社ECサイト
  2. モール型(複数店舗)ECサイト
  3. BtoB ECサイト
  4. オムニチャネル型ECサイト
  5. 越境ECサイト

1. 自社ECサイト

自社ECサイトは、楽天などのモール型ECを使わずに、自社でECサイトを構築する形態です。実店舗で例えると、店舗をテナントではなく建物ごと建てるようなものですね。

後述のモール型には、集客をしやすいというメリットがあります。他のショップが目的できた客が、たまたまバナーなどをから自社のページを見る可能性があるためです。一方で自社ECサイトは一から自社で始める必要があるため、集客も自分たちでやらなくてはなりません。

こんな目的の人におすすめ
  • 思い通りのECサイトを作りたい方
  • ブランドイメージを保ちたい、またはつくりたい方

2. モール型(複数店舗)ECサイト

モール型(複数店舗)ECサイトとは、楽天やAmazonなど、すでにあるECサイトの中で自分たちの店舗を出店する形態です。百貨店の一部を借りて、店舗を出店するのに似ています。

すでにあるECサイトのシステムを使うので、自社ECサイトと比べてコストがかかりません。一から建物を建てる場合に比べて、百貨店での出店では最初から使える設備が多いのに似ています。

こんな目的の人におすすめ
  • 低コストで始めたい方

3. BtoB ECサイト

BtoB ECサイトとは、企業間取引が行われるECサイトのことです。取引金額はB to C のECサイトの20倍、と言われています。

BtoB ECサイトの例としては、「モノタロウ」が挙げられます。モノタロウは法人または個人事業主のお客さま向けに、事務用品や工具などを販売しています。

こんな目的の人におすすめ
  • 企業向けに商品を売りたい方
  • 現状の経理システムをEC化して、手間を減らしたい方

4. オムニチャネル型ECサイト

オムニチャネル型ECサイトとは、ネットと実店舗における顧客との接点(チャネル)を連携させる機能を持ったECサイトのことです。

オムニチャネル型ECサイトでは、例えば以下のようなネットと実店舗の連携ができます。

  • お客さま一人一人の、実店舗とECサイト両方での購入履歴を参照する
  • ECサイトで買った商品を、店舗でお客さまが受け取る

このようなネットと実店舗の連携により、利益の拡大が狙えます。

こんな目的の人におすすめ
  • 実店舗とECを組み合わせたい方

5. 越境ECサイト

越境ECサイトとは、国境を越えて、世界中の人が買い物できるECサイトの形態です。

免税や国外配送に対応する必要はありますが、より多くの人に対してアプローチが可能です。

こんな目的の人におすすめ
  • 日本国外に向けて商品を売りたい方

ECの形態を紹介したところで、続いてEC事業を成功に導くポイントをご紹介します。

ECを事業として成功させるポイント

ECを事業として成功させるためには、以下の3点を考えなくてはなりません。

  • コンセプトのある、魅力的な商品で他のECサイトと差別化する
  • 商品やターゲット、予算に合わせた構築ツールを選ぶ
  • 顧客管理やマーケティング自動化でリピーターを増やす

それぞれ解説します。

1. コンセプトのある、魅力的な商品で他のECサイトと差別化する

まずはっきりしたコンセプトと魅力的な商品で、他のECサイトと差別化する必要があります。

EC事業において、ECサイトの構築そのものはそこまで難しくはありません。しかしそれは参入障壁が低い、つまり競争相手が多い、とも言えるのです。

競争相手が多い状況では、安さで目を引くのは簡単ではありません。一方で、価格以外の魅力をアピールできれば、価格競争に巻き込まれないポジションをとることができるのです。

コンセプトがはっきりしているECサイトの例としては、以下の2つが挙げられます。

  • 八代目儀兵衛:ギフトとしてのお米に特化。華やかなパッケージが魅力的。
  • ユニクロ:「シンプルで着まわしのきくデザイン」など、服の機能性や万能性を強調

2. 商品やターゲット、予算に合わせた構築ツールを選ぶ

EC事業をはじめる際は、商品やターゲット、予算に合わせた構築ツールを選ぶのがおすすめです。構築ツールとは、先ほど紹介した5つの形態を指します。

商品やターゲットに合わないツールを使っていては、商品を求めているお客さまにうまく届きません。また予算に合わないツールを使っていると、事業を続けるのが難しいです。

3. 顧客管理やマーケティング自動化でリピーターを増やす

顧客情報の取得、また顧客に合わせたマーケティングによってリピーターを増やすことも重要です。

ECにおいても、リピーターの重要性は実店舗と変わりません。そしてリピーターの獲得において重要なのが、

  • 顧客管理
  • マーケティングの自動化

です。

マーケティングの自動化の例としては、商品購入時、購入から数日後などの適切なタイミングでメールを自動配信するシステムや、ユーザーの嗜好に合わせたレコメンドツールなどが挙げられます。

ECの意味を理解して、売上アップにつながる施策をつくる

この記事では、まず「ECとは、インターネット上の商取引のこと」とお伝えしました。

次にECを事業として行うメリットとして、以下の3つを挙げました。

  1. 店舗では不可能なニーズをキャッチできる
  2. 店舗がなくても出店でき、世界展開も可能
  3. お客さまの情報や購入データを集めることができる

また目的別に、ECサイトの形態を5つ紹介しました。

  • 自社ECサイト
  • モール型(複数店舗)ECサイト
  • BtoB ECサイト
  • オムニチャネル型ECサイト
  • 越境ECサイト

そして最後にEC事業を成功させるポイントとして、以下の3つをあげました。

  1. コンセプトのある、魅力的な商品で他のECサイトと差別化する
  2. 商品やターゲット、予算に合わせた構築ツールを選ぶ
  3. 顧客管理やマーケティング自動化でリピーターを増やす

EC事業を始める際は、上であげたポイントについて考えてみるのがおすすめです。

ECサイトの具体的な構築方法については「【徹底解説】ECサイト構築4つの方法と成功の4法則」を参考にしてみてください。

PR:大規模ECサイトなら「Orange EC」。お客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る