• このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップにおける効果的なSEO対策6つのポイント

ネットショップの運営において集客は売上を左右する大切な要素であり、その中でも最も重要なのが「SEO対策」と言えるでしょう。

「今更聞けないけど、そもそもSEOって何?」
「SEOはわかるけど、具体的に何をどうすればいいの?」

という方のために、この記事ではネットショップの運営に役立つSEOの基本的な内容をざっくりとまとめてみましたので、参考にしてみてください。

<目次>

「SEO」についておさらい

ほとんどのユーザーは、よほどの理由がない限り、検索結果に表示された上の方のサイトからクリックしていくはずですよね。

Googleなどの検索エンジンはインターネット上のコンテンツ内容を参照して、様々なアルゴリズムによって表示順位を決定しています。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略であり、直訳すれば「検索エンジン最適化」。つまり、Googleなどの検索エンジンでユーザーが何かを探すためにキーワードをタイプした時に、なるべく上位に自社のネットショップを表示させるように対策を講じることがSEO対策なのです。

SEO対策を講じれば集客コストを抑えられる

SEOとは別に、コンテンツの内容に関わらず広告費を支払えば検索結果の上位に表示できる「リスティング広告」という手法もありますが、これは広告費がかさむだけでなく、検索結果に広告であることが明記されます。

近年、広告であることを嫌ってクリックを避けるユーザーも増えていますので、リスティング広告を打っても思うように集客に繋がらないケースもあり得ます。

そう言った意味でも、オーガニック検索でしっかり検索上位に表示されるようなSEO対策を講じれば、コストを抑えて集客につなげることが可能なのです。

1:商品名とメインワード・サジェストワードの組合せを意識する

ウェブメディアや企業サイトなど、通常のウェブサイトのSEO対策は、どれだけユーザーが求めているキーワードを上手くコンテンツに盛り込めるか、という観点が最も重要となってきます。

いかにキーワードを盛り込めるか、という部分ではネットショップのSEO対策でも同様ですが、ネットショップの場合、それらを「商品名」と絡めて活用するのが効果的となってきます。

キーワードを考える際は、以下の3つに分類して見るとよいでしょう。

メインワード…商品カテゴリー

メインの検索ワードになります。例えば「カバン」や「コート」など、ユーザーが該当する商品を探す際に真っ先に打ち込むワードです。

サジェストワード《1》…誰向けの商品か(メンズ、レディースなど)

男性向けなのか女性向けなのか、子供向けなのか、などその商品が誰向けかを表すワードです。これも、ユーザーが欲しい商品を検索する際にメインワードの次に打ち込む傾向にあるため、有効なSEO対策となります。

サジェストワード《2》…色やサイズ

商品の色やサイズなどを表すワードです。

これらのSEO対策用ワードを商品名と組み合わせることでオーガニック検索に対して優位になります。一見、味気ないキーワードの羅列となりますが、ネットショップにおいてユーザーが購入を決めるのは商品画像を見てからです。たとえオリジナル商品であっても、商品名が印象的かどうかはSEOの観点ではあまり関係がありません。

2:JANコードやメーカー型番は必ず記載

ネットショップをするユーザーの中には、検討に検討を重ねた結果、すでに欲しい商品が色まで含めて完全に決まっている、という人もたくさん存在します。

そのようなユーザーはJANコードやメーカーの型番を検索窓に打ち込むことも多くありますので、それらも商品名に並べて記載しておく必要があります。

3:ペルソナを意識する

売りたい商品が、どんな年齢層のどんなライフスタイルを送っている人に向けた商品なのかをあらかじめ設定することはマーケティングの基本です。そしてこれはSEO対策にも少なからず影響します。

ペルソナをしっかりと作り込むことで、そのユーザーが商品を検索するときに使いそうなキーワードを的確にピックアップして商品ページのキャッチコピー等に落とし込むことが可能となってくるのです。

4:商品説明にもサジェストワードを盛り込む

ネットショップの中には、商品名やキャッチコピーあたりまではSEO対策ができているけれども、商品説明部分までは手が回っていないと見受けられるサイトが多数存在します。

SEO対策で万全を期すのであれば、商品説明も重要な「コンテンツ」の一部であると認識して、サジェストワードを盛り込んだ商品説明を作成すべきです。

せっかくユーザーを商品ページまで誘い込んでも、この商品説明がおざなりだと、買いたい気持ちを温めきれず、いわゆる「カゴ落ち」させてしまう要因にもなりかねません。そう言った意味でも、体温のある商品説明のライティングはSEO対策を超えて重要な要素と言えます。

5:サイト自体のコンテンツを充実させる

商品単体のSEO対策に終始せず、ネットショップ全体で、ユーザーが欲しがっていたり、ユーザーのためになるような商品周辺のテーマをコンテンツ化したサイトづくりを目指すことも大切です。検索エンジンのアルゴリズムは細かい変更は都度あれど、基本的にユーザーにとって価値あるページの表示を優先するからです。

例えばアパレルのネットショップであれば、トレンドを意識したコーディネート提案や着まわし術であったり、その服を着て行きたくなる場所にフォーカスした旅コンテンツ。

アウトドアギアを扱うネットショップであれば、今時の焚き火事情やハウツーやキャンプ道具の上手な車載方法など、商品そのものではなく、ユーザーにとっての世界が広がるコンテンツを増やしていくことを意識しましょう。

もちろん、その際も常にメインワードやサジェストワードは意識しておきたいところです。

6:モール型ネットショップはプラットフォームごとに対策を

オリジナリティの高い商品だけを扱うのであれば、自社のネットショップだけで勝負しても構いませんが、類似品が多かったり、他でも同じものが買える商品を扱うのであれば、モール型のネットショップへ出店するという選択肢もあります。

その場合、プラットフォームごとに独自の検索アルゴリズムが存在するために、それぞれのプラットフォームに最適化したSEO対策を講じる必要が出てきます。

ここでは細かく説明しませんが、基本的にはキーワードをどうネットショップ内に盛り込んでいくか、という部分は同様ですので、プラットフォームごとの特徴を研究してみてください。

まとめ

いかがでしたか?
SEO対策は、あくまでも「集客」、つまり商売の入り口において有効な手段であり、それだけやっておけば商品が売れる、というものではありません。

あくまでも「商品力」やサイト全体のUIなど、ユーザーにとって価値ある体験があって初めて購買に繋がるものであるということは念頭に置いていただきつつ、この記事が良いネットショップづくりの一助となれば幸いです。

PR:ECサイト構築パッケージ「EC-ORANGE」ではお客様にECサイト開発のノウハウをお伝えしています

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ORANGE MA
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る