• このエントリーをはてなブックマークに追加

ASPはECサイト運営初心者が採用すべき運営方法

ECサイトでショップ運営をする方は日増しに増えています。ECの市場規模が顕著に拡大している点が大きいですが、それだけでなくECサイトがとても簡単に作れるようになったことも理由の一つです。

  • ECは市場規模が大きく、コストが少ない。さらにSNSと連動させやすいなどの特徴がある
  • 無料ASPはBASEやSTORES.JPなどがあり、初心者におすすめである
  • 有料ASPはmakeshopやカラーミーショップがあり、経験者におすすめである
  • 初心者は無料ASPでサービスを始めて、ECノウハウを獲得したら有料に切り替えるべき

ECサイトで物販をする価値

さまざまなニュースやセミナーで「これからはEC事業を行わないと生き残れない」といった話をよく聞きます。
ですがEC事業を行う理由をしっかりと押さえておかないと、ECサイトを作るだけで終わってしまい、売上はまったく増えません。
なぜECを作るのか、ECのメリットは何か、をしっかりと知ったうえでショップ運営を行う必要があります。
例えば、以下のような理由がECサイトで物販をする価値となります。

ECは全国、全世界が対象である

まずは圧倒的な潜在的市場規模です。ECはインターネットで繋がっているので、全国、全世界が販売対象となります。
リアル店舗では近場のお客様が対象でしたが、ECではインターネット利用可能なすべての方が対象なので、全国から注文を頂く可能性があり、大きな売上が期待できます。
また、視点を変えればニッチ商品を取り扱うお店であっても十分売上が期待できます。
むしろニッチ商品を取り扱っているからこそ、全国から多くの注文があるかもしれません。

SNS連動がしやすい

今や販促でSNS活用は欠かせませんが、ECサイトはSNSと連動がしやすいので、販促効果をダイレクトに享受できます。ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、どのSNSもアカウント内にはURL登録箇所があります。そちらにECサイトのURLを登録すれば、ECサイトの宣伝が可能ですし、URLをタップすればそのままECサイトが閲覧可能です。

すべて無料で運営が可能

リアル店舗を出店するためには、月額で店舗賃貸料が発生したり、不動産取得によるイニシャルコストがかかります。
また、店舗を運営するために人を雇い、人件費がかかります。
決済を管理するレジや、什器、内装など、店舗を運営するためにはふつうたくさんのお金が発生します。
すでに一般的に認知されている店舗ならば、これら経費を早めに回収できるとしても、新たな店舗では簡単ではありません。

ですが、ECサイトであれば、そういった心配は不要です。
無料ASPサービスを使ってECサイトをオープンすれば、月々無料で利用できます。リアル店舗ではないため、自分一人で運営することも可能です。
もちろん、支払いを行う物理的なレジは不要で、ASPサービスの支払い機能(クレジットカード決済や電子マネー決済にも対応していることも)が使えます。
ECサイトなら無料でショップが開設、運営できるので、コスト面で考えるとリアル店舗より有利な店舗運営が可能となります。

EC利用者が増えている

潜在的市場規模が大きいだけでなく、EC利用者が増え始めているのもECサイトをオープンするメリットです。
スマートフォンなどのポータブル化されたデバイス増加により、インターネットにアクセスしやすくなりましたし、インターネットセキュリティの向上でEC事業を運営するハードルも下がりました。
そのためEC利用者は圧倒的に増えています。

無料ECサイトを作成する方法とおすすめ利用者

ECサイトを作成する方法はいくつかあります。

フルスクラッチ開発やプラットフォームを利用した開発、ASP利用などそれぞれ特徴がありますが、今回はコスト面を考えてASP利用によるECサイト作成を考えてみたいと思います。
また、サイトの規模によって無料と有料でASPを使ったECサイト作成を比較してみます。

無料のECサイト作成

無料で利用可能な代表的ASPがBASEとSTORES.JPです。

BASE

BASEは2012年ころから開始されたASPです。創業者である鶴岡社長のお母さんが大分県で婦人服の小売店を経営していて、そんなお母さんがネットショップをはじめたいと言ったのがこのサービスを思い付いたきっかけのようです。
ITの知識が少ないお母さんでもネットショップが作れるECサービスを作りたいという想いから開発されたため、UIはかなりシンプルで初心者でも操作しやすいです。手順通り行えば10分程度でECサイトが完成します。BASEはクレジットカード支払で商品が売れると1商品につき3.6%+40円の手数料が発生しますが、売上が発生しなければ永遠に無料です。

https://thebase.in/

STORES.JP

STORE.JPはBASE同様に無料で利用可能なECのASPです。BASEと大きくは変わりませんが、クレジットカード支払で商品が売れるとSTORES.JPでは1商品につき5%の手数料が発生します。単純な数字の計算ですが、2000円以下の商品であればSTORES.JPの方が手数料は少ないので、単価の低い商品を売る場合はSTORES.JPが良いでしょう。
また、従来フリープランでは5つまでしか商品が掲載できませんでしたが、2019年4月以降は無制限で掲載できるようになっています。
より使い勝手がよくなったと言えるでしょう。

https://stores.jp/

EC初心者は無料ASPでECサイト構築がおすすめ

ECやリアル店舗を運営したことがない。つまり、物販経験ゼロの方はBASEやSTORES.JPのような無料ASPの利用が最初はおすすめです。有料ECサービスを使うと売上に関わらず毎月支払いが発生します。最初は腰を据えて、物販ノウハウを身に付けるために無料サービスを利用した方が良いでしょう。

有料のECサイト作成

有料ECでは利用できる機能やカスタマイズできる範囲が増えるため独自性の高いECサイト作成が可能になりますが、売上ゼロでも月額利用料は発生します。お金を払ってでも使うべきか考えてから始めましょう。

有料でECサイトを作成する場合にはmakeshopとカラミーショップが良く使われています。

makeshop

makeshopはおしゃれなデザインテンプレート可能ですが、さらにオリジナルで各ページのデザイン変更が可能です。
makeshopのビジネスプランは月額3,000円前後と少々お高いですが、makeshopの売りは何と言っても充実のサポート体制です。
お試しお申込みや契約締結の際は開店キットや運営キットなどのノウハウが提供されます。さらに運営開始後はECアドバイザーがアドバイスをくれるので、売上を大きく伸ばしたいショップ運営者にはおすすめのサービスです。
月額サービス利用料+コンサルタント費用と考えると良いかもしれません。

http://www.makeshop.jp/

カラーミーショップ

カラーミーショップは安価から利用可能なASPです。最安のエコノミープランは月額900円から利用できます。
金額が高くなるプランほど、容量スペックが上がり、様々な機能が利用できます。ただし、makeshopほどサポートは充実していません。
一応、一定プラン以上になると電話サポートがありますが、EC運営のためというよりカラーミーショップの使い方のためにアドバイスをしてくれます。

https://shop-pro.jp/

リアル店舗運営者やベテランEC事業者は有料ASPサービスで

有料ASPを使うのは規模の大きなネットショップを運営したい方に向いています。
つまり、リアル店舗運営経験があり、すでにリアル店舗で売上が確保できる方や、EC経験が豊富ですぐにでも新規ECを軌道に乗せる自信がある方です。
有料プランは月900円としても毎月発生するので長い目で見ると大きな負担となります。販売品目が少ない人や、物販初心者にはあまりおすすめできません。

初心者はどのようにサービスを利用すべきなのか

EC初心者がECを開始する場合、まずは無料のBASEやSTORES.JPで販売をしてみて、じっくりノウハウを身に付けるのが得策です。
そしてEC運営に自信がついてきたところで有料サービスに切り替えて、売上拡大を狙います。
たしかに利用ASPサービスを変えることでドメインが変わるというマイナスはありますが、(BASEやSTORES.JPでは独自ドメインは利用できない)売れていない時期に余計なコストを払う方がマイナスだと感じます。
まずは無料ASPでECノウハウをしっかりと習得しましょう。

PR:ECサイト構築パッケージ「Orange EC」ではお客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

関連記事

記事に関連するサービス
  • EC-ORANGE
Orange EC 導入事例

S-cubism ニュースレター登録

お役立ち資料ダウンロード
ECのミライ塾
EC用語集
体験させて購買に結びつける「売れる」デジタルプロモーション x Commerce(クロスコマース)
エスキュービズムのオウンドメディア構築/運用
MA・DMPツール 導入/運用支援

アーカイブ

ページ上部へ戻る