貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。 貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EC初心者が海外との通販を成功させるために知っておくべき基礎知識

目次

自分が欲しいときに商品を注文できて、すぐに届くインターネットショッピング。
楽天市場やAmazonなどのネットショップで通販を利用したことがある人も少なくないでしょう。

これらのネットショップを利用した人であれば一通りのECサイトの流れというものが理解できていると言えます。

今の時代は、自分のネットショップを持つことも可能です。

近年は海外の商品を扱う越境ECが盛んになっていることにより、海外の人と取引を行う人も増えています。

まったくの初心者がECサイトを作る際に立ちはだかるのが『どのようにECサイトを作るか』です。

ECサイトの基礎の基礎から順を追ってみていきましょう。

ECサイトの大分類

まずはインターネット上にECサイトを出店することから始めないことには何も始まりません。

初心者でもECサイトを一から作り上げることは不可能ではありません。まずはECサイトの特徴について見ていきましょう。

ECサイトは大きく分類すると以下の二つに分けられます。

  • モール型(例:Amazon,楽天など)
  • 自社サイト型

住む家に例えるのであれば、モール型は賃貸物件を借り続けることで、自社サイト型は一軒家を購入するイメージに近いです。

モール型か自社サイト型か

これらの二つのメリット・デメリットを見ていくと、以下のことが挙げられます。

モール型のメリット

  • 集客力がある
  • 信頼感・安心感がある
  • 注文や決済など用意されているプラットフォームに沿って出店するだけでよい
  • サーバーなどを管理する必要がない

モール型のデメリット

出店する際に契約料を支払う必要がある
好きなようにカスタマイズできないことが多い
消費者が店の名前を覚えにくい

自社サイト型のメリット

  • 自社でサイト管理を行うので契約料を払う必要がない
  • 好きなデザインにカスタマイズできる
  • モール型より店の名前を覚えやすい

自社サイト型のデメリット

  • サイトに不具合があった際は自ら解決しなければならない
  • 集客に時間がかかる場合がある

これらのメリット/デメリットを比較した上で、出店を行った方がよいでしょう。

自社サイト型の分類

自社サイト型は自分でECサイトを構築しなければいけない分大変ですが、モール型のように契約料やマージンを支払う必要がないので、その分費用を低く抑えることができます。

自社サイトを構築するうえでは、パソコンに関しての知識が疎いのであれば、自分でコードを組んでECサイトを作り上げることは非常に難しいので、外注をするのが一般的です。

その際、知っておきたいのが以下の4つの分類についてです。
それぞれメリット・デメリットはありますが、コストの面でいうと、以下の順番でコスト高→低となっています。

  1. フルスクラッチ
  2. パッケージ
  3. オープンソース
  4. ASPサービス

ECサイトを作ったものの、コストに見合うだけの集客がなければ意味がありません。ECサイトで成功するためには、しっかりと構想を練った上で作ることをお勧めします。

上記の4種類に関してのメリット・デメリット・コストなどについては、こちらのページに詳細が載っていますので参考にしてください。

海外向けECサイトを作る場合の問題点

海外向けの消費者に自社製品を販売したい場合は、上記のサイト構築にプラスして言語と決済・配送サービスについても考えなければいけません。

言語

海外の人と取引するにあたってはお互いの言っていることが理解できないと成立しません。言葉が通じないと消費者も取引に不安を感じ、機会損失を生む原因にもなります。

言語サービスの充実やカスタマーサービスを整えることも海外向けECサイト構築には重要な要素になります。

決済方法

ECサイトを作る上で悩むのが決済方法です。
決済が正常に機能しないと混乱や誤解を生む原因となり、せっかく商品を購入しようとしている消費者がECサイトから離脱してしまう事態ともなりかねません。お金の取引はそのまま信用問題に関わります。

国が違えば決済手段も大きく異なるため、きちんと調査しましょう。また通貨の違いもあるので、慣れていないと最初は扱うのが難しいかもしれません。

決済方法がしっかり整っているところなら安心して取引が行えるという安心感にもつながるので、細心の注意を払う必要が有ります。

配送方法

配送方法について、海外へ発送する知識がなければ最初はスムーズな業務が難しいかもしれません。

日本では配送に関しては非常に優れた国ですが、海外の配送システムは日本に比べると相当に雑であることが多いので、商品破損や紛失といったトラブルが日常茶飯事です。


広告や宣伝、SEO対策

自社サイトを作る上では、消費者にECサイトを見つけてもらわなければいけません。

具体的に言うと、googleやYahooなどでキーワード検索したときに最初のページの表示されるようでないと集客は難しいでしょう。

そのためにも検索エンジンが見つけやすいSEO対策や、検索をしたときに上位に表示される広告への投資も自社サイトを知ってもらう上で非常に重要になってきます。

また、どのような広告が集客に効果があったのかの分析も今後の集客において必要な戦略となります。

集客に時間をかけたくないという方は、すぐに広告の効果が出るサービスを利用する方が良いでしょう。

デザインの重要性

ECサイトは見た目の使いやすさが肝心です。

PCまたはスマホで操作するにしても、注文が行いやすいよう配慮されたデザインであることが重要です。

人の目線が自然に動くような見やすいデザインや、全体的な色調、直感的に操作できるボタン配置など、デザインは軽視するべきところではありません。

文字がやたらと多いと野暮ったく見えてしまう上に、読むのが面倒という消費者もいます。そのためには写真を多用して、もっと見たくなるような構成を心がけることが大切です。

また、海外向けのECサイトを作る場合は、ローカライズも重要になってきます。その国で好まれるデザインや表現がありますので、きちんとリサーチする必要があります。

関税などの輸入・輸出に関する知識

海外との取引を行う上で無視できないのが輸入・輸出に関わる知識です。

一般的には輸入・輸出を行う上では関税など多少の貿易の知識は必要になります。関税については商品により細かく税率が分類されており、国によって異なります。

小口貨物であればEMS(国際スピード郵便)を利用することで、煩雑なインボイスやパッキングリストといった書類の作成等もしなくて済みます。

海外との取引での配送に関する問題についてはこちらの記事で詳細を確認できます。

まとめ

ECサイトはネット上に存在するお店です。

ECサイト構築はその入り口とも言え、その質の良し悪しで集客に影響が出るところでもあります。

使いづらいECサイトは注文に達するまでの消費者の離脱が多いということもわかってきています。

ECサイトの構築だけではなく、その後のネットショップ運用も重要なポイントですので、ぜひOrange ECにご相談ください。

PR:大規模ECサイトなら「Orange EC」。お客様にECサイト運営のノウハウをお伝えしています

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
記事に関連するサービス
  • EC Orange
Orange EC 導入事例
店舗のミライ塾
デジタルマーケティングの 事例、ノウハウ情報メディア [デジmag]
貴社のオムニチャネル化は完了していますか?その答えをエスキュービズムが持っています。激動の小売業界で生き抜くための真のオムニチャネル化を実現します。
TIG commerce(ティグコマース):触れる動画でリテール業界の次世代デジタルマーケを実現
EC用語集
お役立ち資料ダウンロード

アーカイブ

ページ上部へ戻る